新江ノ島水族館お泊まりナイトツアー親子参加眠れた?2日目は?

2017年5月に、新江ノ島水族館のお泊まりナイトツアーに、親子で参加の模様の後編になります。

寝床も決まり、19:00~20:00まで えのすいトリーターによるナイトツアースタート。

当日は入場当初から3チームに分かれており、それぞれのチームに分かれて行動しました。

スポンサーリンク

新江ノ島水族館お泊まり ナイトツアー

いつも行く、新江ノ島水族館の休日は、人であふれており、ゆっくりと見て回るという事が難しい状態です。

水槽を見ていても、次の人(特に子ども)が待っていると、ゆっくりとは見れないのですが
ナイトツアーは、人数限定ですので、ゆっくりと見れました。

ナイトツアースタートです。

トリーターについていき、夜の館内を懐中電灯で照らしながら説明をしてくれました。

しかも館内の照明が落ちていて暗く、水槽の中の魚達も夜の海の状態になっているのでした。

私達のチームは館内を少し入口まで戻り、まずは入口付近にあった小さな水槽を観察。

魚達はすでに寝ているのか、動きがあまりみられませんので、観察するのはもってこいです。

私の家には、お祭りの時に金魚すくいですくってきた金魚2匹を、家で飼っていますが、

だいたい夕方頃になるとあまり動かなくなり、ぷかぷかと浮いているだけで、時々

「おととと」という感じにひれを動かし、少し移動してまた動かなくなる

の繰り返しなかんじです。

水槽の魚達もそんな感じなのか、熱帯魚ゾーンではあまり魚がみられなく、いつも色鮮

やかな魚達でいっぱいだったのに岩場に隠れており、少しビックリ&がっかりでした。

考えてみたら夜ですものね。それがナイトツアーですよね。

次はイルカゾーンです。

イルカのプールの方に行くと、江ノ島の夜景がすぐそばに見えてキレイで、少しみんなで眺めます。

新江ノ島水族館は、場所時に江ノ島の夜景を見るのには、絶好のビューポイントだとおもいました。
すごく、キレイで印象的でした。

さて、イルカ達はまだ遊んでいるのか時々スイスイと泳いでいる姿がや、水しぶきがみられて、こちらはまだまだ元気いっぱいな様子でした。

次はペンギンです。

トリーターさんのペンギン話にちょっとビックリです。ぺんぎんは、本当は足が長いとのお話でした。

私達が目にしている、足はほんの一部で人間にとっての足首との事で、伸ばすことが出来れば本当は長いとのお話でした。

そこで質問!

「ぺんぎんの足は、のびる時があるのか?」

「のびない」そうです。

ですよね。

長い足をみせられたら、ぺんぎんじゃない、かなり引きますよね。。。

などなどの、裏情報を聞きながらナイトツアーが終了しました。

普段ゆっくりと聞けない質問や、魚達の様子などがいっぱい見れて、私だけではなく、子供にとっても特別な経験が出来て良かったです。

新江ノ島水族館お泊まりナイトツアー眠れた?

さあ、ナイトツアーも終わりやっと寝る時間です。

皆さんそれぞれ寝っ転がっておしゃべりをしていたり、お菓子を食べていたり

寝る準備の為に、トイレ、歯磨き、大人は化粧落としなどをして過ごします。

私達は3列目の端っこの為、すぐ横は通路。

端って落ち着きますし、他の人に気づかいせずにトイレに行けたので、意外と端っこで良かったです。

さて、22:00になり館内の明かりも消灯となり、大水槽の明かりのみになり、水槽が前に飛び出してくるような立体感がありました。

「水槽を眺めながら眠れるなんてなんて贅沢♡」と、ルンルンで横になったのですが、眠れません。

スポンサーリンク

そんな私の横では「眠れない」と、ぶつくさ言っていた子どもは、速攻で眠りに落ちており、ゆすっても、つっついても、まったく起きてくれません。

ひま。。。

そして、私達のすぐ後ろの4列目のどなたかの最大音量の「ウ、ガガガーーー」という、呼吸するたびにはき出される、何とも言えない音が耳につき、眠れません。

そして、日中は人混みのでわからなかったのですが、水槽のモーター音。かなり大きな音で、眠れません。

眠れないよ。

結論から言いますと、眠れていない方は結構いたようです。

私は、ほぼ眠れず(1、2時間くらい寝たかなぁ)飽きるまで水槽を眺めて過ごし、朝が早く明けるのを待ちました。

スポンサーリンク

新江ノ島水族館お泊まり 2日目

やっと2日目の朝です。

予定では 6:30 起床ですが、かなり早くから皆さん起きている様子で、ガサゴソと音がしておりました。

7:30 朝食(オーシャンデッキ・ロビーにて)です。

この日は天気がよく、デッキで湘南の海でサーフィンをしている人や
犬の散歩をしている人を眺めながら、朝食を頂きました。

メニューは カメロンパン、マカロニサラダ、オレンジゼリー、リンゴジュースでした。

ふだん、たっぷり睡眠をとるタイプで8時間は寝る私が、2時間程度の睡眠で体力が回復するはずもなく、気持ちがいい天気でしたが、体調は悪くボーとしながらも、根性で全部きっちりと食べました!

食事の後はすぐに解散になり、優先的にお土産を買う事が出来るようでしたが、

私たちは何度も来ているのでお土産は買わず、いつもの巨大ガチャをやり、スーパーボールをゲット。

その後、天気が良かったので子供はソッコー海へ足だけ入り、磯遊びを満喫していました。

まとめ

今回の新江ノ島水族館お泊まりナイトツアーは子どもにとっては、本当にいい機会だと思いました。
本人もますます魚やペンギンの事が好きになったようで、よかったです!

また、ナイトツアーは、色々な参加プランがあり、子どものみのツアーや、レディースツアー
など色々な時期(夏休みなど)に開催しているようですので、今回気になった方がいらしたら
ぜひ参考にしてみて下さいね。

また、今回のプラント全く同じにはならないとは思いますので、新江ノ島水族館でよく確認してみて下さいね。

新江ノ島水族館リピーターのまとめ記事はこちら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする