還暦祝いはいつやる?相場はいくら?良いプレゼントと駄目な物とは?


自分の親の60歳の誕生日が近づいてくると還暦のお祝いは、何をしようかな?

と、悩みませんか?

自分も大人になったし、少しでも親孝行の真似だけでも出来ればいいなぁ~

なんて、思ったりします。

では、還暦のお祝いって何をするのでしょう?

数え歳とかよくいうけれど?いつやるんだろう?

還暦には赤い物?

プレゼントの相場はいくらくらいなんだろう?

などの点を確認していきましょう。

スポンサーリンク

還暦の祝いはいつやるの?

長寿の祝いは、最近の傾向では満年齢でお祝いをするようになっていますが
還暦についてはかぞえ年で祝うもので「賀寿」「賀の祝い」とも言われ、
かぞえ年61歳の還暦から始まり、節目のとなる年齢を迎えた時に長寿を祝います。

  • 還暦 61歳  かんれき
  • 古希 70歳 こき
  • 喜寿 77歳 きじゅ
  • 傘寿 80歳 さんじゅ
  • 米寿 88歳 べいじゅ
  • 卒寿 90歳 そつじゅ
  • 白寿 99歳 はくじゅ
  • 百寿 100歳 ももじゅ・ひゃくじゅ
  • 茶寿 108歳 ちゃじゅ
  • 皇寿 111歳 こうじゅ

★かぞえ年とは、生れた年を1歳として暦年が変わる毎年1月1日に1年ずつ歳をとります。

還暦・・・十干十二支が60年で一巡して生まれ年と同じ干支に還る事からつけられました。再び赤ちゃんに還るという意味で赤いちゃんちゃんこや頭巾、座布団を贈るのがならわしです。

還暦のお祝いはかぞえ年の61歳でお祝いをしますが、誕生日(満60歳の誕生日ですね)に祝っても良いので、本人とどう祝うかを相談して、希望に沿うように進めるとようでしょう。

最近の60歳はまだまだ若くて元気ですから現役で活躍している人が多いので、還暦のお祝いを祝われる事に抵抗を感じる人もいるかもしれませんので、本人の希望も考慮して進めて行きましょう。

でも、最近は満年齢で、古希(70歳)から本格的に祝う人が増えているそうです。

それぞれ地域や、家族の考え方もあるでしょうから、家族でよく相談されると良いでしょう。

還暦祝いの相場はいくら?

還暦は家族や、親戚などが集まってみんなで食事をしたりしてお祝いをします。

最近では家族で旅行に行ったりする方も多いようですね。旅行先で還暦のお祝いをするプランなどもあるようです。

還暦などの祝席に招かれた時には「祝還暦」「還暦御祝」「寿還暦」「御祝」と表書きをして祝いの品や現金を贈ります。

だいたいの金額の相場はこちら

両親:20000円~50000円

子供:20000円~30000円

祖父母:10000円~30000円

孫:10000円~30000円

親戚・知人:5000円~10000円

しかし、地域などによって相場は違うので、家族でよく相談してから金額は決めるとよいでしょう。

食事会などの祝席では、出席者に長寿の喜びを身近な人に分けるという意味から「内祝」と表書きをした引き出物を配ります。

お返しの品の定番は

  • 菓子折り
  • 風呂敷やふくさ
  • タオルセット
  • 箸や湯のみ
  • カタログ

家族や親族だけのお祝いならばあまり気を使わなくても良いと思いますが、出席する相手との関係性や地域などをよく考慮して用意してください。

スポンサーリンク

還暦祝いのおススメプレゼント

還暦には赤いちゃんちゃんこ、頭巾、座布団を贈る習慣があったのですが、現代では赤いセーターやマフラーなど、赤い物を贈る事が多いようです。

でも、特に赤にこだわる必要もなく、喜んで使ってもらえそうなものを選ぶとよいですね。

贈ってはいけない物として、靴は「踏みつける」を意味するとして、贈られるのを嫌う人もいるので注意しましょう。

贈って喜ばれる物

・旅行や食事など一緒に過ごす時間

やはり1番は旅行や食事などの一緒の時間を過ごして、日ごろの感謝を伝える事でしょう。

・実用的な物や趣味などの好きな物

実際に使ってもらえそうな物や、趣味の物などを選ぶとよいですね。でも、中々これが難しいですね・・・。

喜んでもらえる物が分からない時や迷ってしまった時には

・記念日などの名前入りの物

・夫婦の似顔絵

・食事会+お花

還暦祝いのまとめ

還暦のお祝いをするのは嫌!という方も、もしかしたらいるかもしれませんが、これからも長生きして欲しいという願いや、これまでの感謝の気持ちも込めて、節目の年には家族みんなでお祝いをすると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする