えのすいで小学生とイルカショーおススメ場所は?待ち時間?その後は?

私は水族館が大好きでいろいろな場所にある水族館に行くのですが、特に目の前が海の新江ノ島水族館(えのすい)が大好きで毎年、えのすいの年パスを購入して、何度も通うリピーターです。

そんな私が元気な小学生の子どもを連れて、イルカショーを見に行くときの必需品やおススメの観覧場所などを、ご紹介します。

良かったら参考にして下さいね。

スポンサーリンク

えのすいで小学生とイルカショーおススメ場所

えのすいに着いたときにまず、入口手前にショーのスケジュール表が置いてあるので、それを貰います。

当日、チケットを購入した場合は、スケジュール表も一緒にもらえるので、そちらを見て下さい。

まずは、見たいイルカショーの時間を確認します。

土日等混雑する時期には、ショーの30分~40分くらい前にはイルカショーの席を確保したいので、イルカショーの時間に合わせて、行動します。

前から4列目くらいまでの席は、イルカ達のジャンプの水しぶきが飛んできて、濡れる可能性があります。

ですので濡れる可能性の高い席は冬はもちろんですが、夏でも比較的に空いていることが多く、私の経験上、開始20~30分前くらい前に行っても比較的座れます。

一番前の席は、水しぶきもかかるのですが、水中のイルカ達の行動も一緒に見れて、特にジャンプの前などはイルカ達が底の方まで潜り、一気にジャンプする姿なども見れて、とても迫力があるんですよ!

イルカ達のジャンプの水しぶきを浴びて、キャーキャーと騒ぎたい派は、結構ギリギリの時間に行って、1番前の席を確保をおススメします。

キレイな洋服の時や、お高いカバン持参の時など、絶対に濡れたくない時には、早めにイルカショーの席取りに行きましょう。

イルカショーをじっくり楽しみたい方は、中段の席くらいが一番見やすいかと思います。

あと、イルカ達はプールの左端からジャンプをする回数が多いので、中央の席が取れなかった時には右端の席よりも、左端の席の方が迫力があって、私はいいとおもいます。

私がイルカショーを一番前の席で見るために持って行く物。

・カッパ(子供に着せます)
・ビニールシート
・着替え
・タオル
・ビーサン(海に行くときに使用)

席に2人以上でいる時は、ビニールシートを端に座る2人が持って広げて、足から腰の辺りまで濡れないようにカバーします。

でも、水しぶきは一番前の席だと上から降って来るので、ビニールシートをどうにか水の飛ん
で来る方向に合わせて動かさなければならないので、じっくり観覧は出来ません。

水しぶきをよけるという、別の楽しみがあるので、小学生くらいのお子さんと一緒の時には、水よけだけで楽しいとおもいます!

もしくは、着替えを持って行き濡れて下さい(笑)

ビショ濡れしていると、会場内もどよめいて、すごく盛り上がって、注目の的ですよー!

えのすいでイルカショー待ち時間どおする?

イルカショーの席取りに30分前に行ったとして、この時間を何したらいいのだろうか?

この時間を休憩時間として利用して、ソフトクリームを食べるのもよし。

チュリトスをたべるのもよし。

いろいろ美味しいものが売っていますので、子供を連れて売店へいくと、厄介な事になるので、買うつもりがない方は、どうぞお菓子やお弁当持参で楽しんで下さい。

待ち時間を休憩時間にするなんてもったいない、と言う方におススメは、イルカショーのスタジオの左わきにある階段を地下に降りると、タッチプールがあり、海の生き物を触ることが出来ます。

その日によって触れる生物も若干違うとはおもうのですが、ほぼネコザメはいつもいるので触れます。

また、私はネコザメの卵や、たこ、クラゲ、小エビ、ウミウシなども触った事があり、大人も楽しめるので、早めに席取りに行き、時間と人出があれば大人も一緒に行って触ってみると楽しいですよ。(席取り場所には誰か一人いないと駄目ですが)

子どもが怖がって触れない所を触ってみせると、「パパ、ママ すごい~」ってなりますしね。。。

タッチプールは、イルカショーの後に行こうとすると、だいたいみんな行こうとするので
混み合いますので、イルカショーの後はさけて行きましょう。

スポンサーリンク

えのすいイルカショー見た後は何をする?

活発な小学生が、ショーの為に座ってじっとしていた後は、動きたくなるのもです。

ここは思い切って、一度外出してはいかがですか?

えのすいは、退場時に手にスタンプを押してもらうと、何度でも入場できます。

目の前が湘南の海なので、ここでビーサンの出番です。

元気な小学生は、冬以外はビーサンで砂遊びをして発散させます。

とにかく子供って元気ですよね。

無駄に走らせたり、砂を掘らせたり、貝殻や、シーグラスを探して歩き回らせある程度遊んで発散させ疲れさせてから、小休憩して砂を乾燥させてから靴に履き替えさせて、もう一度最初からゆっくりと新江ノ島水族館の館内を観覧します。

元気な小学生は、適度に疲れている方が、水族館の中はゆっくりと見て回れるますよ。

まとめ

小学生とイルカショーを見に行く場合、まず見たいショーの時間を確認してから館内を軽く観覧し、ショー開催時間。

30分~40分くらい前にイルカショーのスタジアムに行き席を確保。

ショーの待ち時間に、おやつタイム、元気な子はタッチプールへ。

イルカショー後には、1度えのすいを退場。そして目の前の湘南の海で遊ぶ。

その後再度入館して、最初からゆっくりと館内を回る事をおススメします!

この方法で、丸一日がっつりと新江ノ島水族館を遊びつくせば、元気な小学生にも満足してもらえるとおもいます!

ぜひ、私のオススメ試してみて下さいね!

新江ノ島水族館リピーターのまとめ記事はこちら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする