赤ちゃんの百日祝いお食い初めのやり方は?石の意味は何?

赤ちゃんの百日目のお祝いのお食い初め。

おめでとうございます!

一生に一度の昔ながらの儀式で「一生食べ物に困らないように」という願いをこめています。

お食い初めとは、何を用意するのか、またやり方などを紹介していきたいと思います。

祖父母や家族などみんなで、赤ちゃんのお祝いをすると良いですね。

スポンサーリンク

赤ちゃんの百日お祝いのお食い初め

お食い初めの時期は地域によって異なりますが、生後100日目、または120日目に行うのが一般出来です。

百日ピッタリでなくてはいけない?

いいえ、ピッタリではなくても構いませんので、赤ちゃんの体調やご家族の都合などを考慮して、話し合って良い日にちを決めていきましょう。

赤ちゃんの百日のお祝いのお食い初めは、「お箸初め (おはしぞめ)」や「真魚始め (まなはじめ)」などとも呼ばれて、赤ちゃんが一生食べ物に困らないようにという願いを込めています。

自宅でお祝いをする場合は、新しい器、御膳、料理などを儀式の為に揃えるようになります。

ただ、内々だけでお祝いをするので、今後使わないお膳や、器は買いたくないという方も多いようで、その場合には簡単に使えるプラスチック製の食器を新しく購入してお祝いを行う方も増えているようです。

お膳は?

正式にはお膳は高足膳を用意します。

食器は?

食器は漆器や素焼きで全て新しい物を用意してその後、離乳食を盛るのに使います。

漆の食器は男の子は朱塗り、女の子は外側が黒塗り、内側が朱塗りが基本ですが、
地域によって違いがありますので家族に確認をしてから購入しましょう。

今後使う予定がないのに購入するのは嫌だなという方にはこちら

料理+食器のレンタルつきですので、使わない食器はいらない方にはピッタリです。

料理は?

赤飯、鯛などの焼き物、煮物、香の物、すまし汁などが代表的です。

一汁一菜を基本に一皿に複数盛り付けるものは5個または3個にします。

その他に小石を小皿に用意します。関西などでは小石ではなく蛸を使います。また梅干しの地域もあります。地域性があって面白いですね。

自宅で作るのはなかなか難しいという方には、こちらのセットがおススメです。

全部そろっていて簡単で豪華です。お料理が苦手な方でも、お義父さんお義母さんがお祝いに来ても安心して出せます。

赤ちゃんのお食い初めのやり方は?

親族の中で一番長寿の方がひざに赤ちゃんを抱いて食べさせる真似をします。

この役は養い親と言い、赤ちゃんが女の子のときには女性、男の子の時には男性が養い親を務めるのがしきたりです。

食べさせる真似をする順番ですが、こちらも色々ありますが

ごはん→汁物→ごはん→魚→ごはん→汁物 以上を3回繰り返します。

その後に歯がため用の石をお箸で少しさわり、赤ちゃんの歯茎にあてて終了です。

地方によっては、

歯がため

飯→汁→飯→魚→飯

など順番が地域によっては違うようです。

親族やご家族に確認しながら、赤ちゃんと楽しんで行うと良いでしょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんのお食い初め石って何?

お食い初めの時に使う石の意味は「石のように丈夫な歯が生えて長生きできますように」という願いが込められています。

歯がための石は、お宮参りに行った神社の境内で、あまり人があるかなそうな場所から小石をお借りして、家で煮沸などの消毒をしてから使う方法や、近くの河原などで拾ってくるなどの方法、購入するなどの方法があります。

お食い初めで使い終わった石は、洗ってから拾ってきた元の場所に戻しましょう。

石は直接赤ちゃんの歯茎には触れるのではなく、石をお箸で触り、そのお箸を赤ちゃんの歯茎に軽くあてる儀式です。間違えないように気を付けましょう。

まとめ

赤ちゃんが「一生食べ物に困らないように」という願いを込めた儀式で、丈夫で長生きが出来るようにという願いが込められています。

赤ちゃんを囲んで楽しい雰囲気で行うと良いですね。

一生に一度の儀式なので、シャッターチャンスを逃さずに皆さんで楽しんでください。

お食い初めについてのまとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする