ハロウィン製作保育園で作る0歳児向けおばけミイラ作り!


10月31日は、ハロウィンですね!

保育園でも色々な飾りを作っている所でしょうか?

ハロウィンの飾りはとっても可愛いので、どんどん製作を作って飾ると、子ども達もだんだんとハロウィンを楽しむ気持ちになってきますね。

保育園では、どんなハロウィンイベントになるのでしょうか?

ハロウィンイベント、子供達も喜んでくれるといいですね。

今回は、0歳児、1歳児、2歳児向けの保育園製作です。

ハロウィンのおばけ?ミイラ男なのか?の作り方を紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィン製作保育園でつくるおばけ?

10月の製作は、ハロウィンの製作を色々なクラスで作って保育園中に飾ると、とっても可愛いですね。

今回は、簡単に作れるおばけをの製作です。

0歳児は、出来る事も限られてくるので、シールの目を貼ったり、口を張り付けるだけなので簡単です。

ただカップ麺にカラーテープを巻かねばならず、保育士の用意に時間がかかるかもしれません。

時間がある時や、少人数のクラス向けの製作に良いでしょう。

もう少し大きい2歳児クラスでは、カラーテープを一緒にカップ麺に巻くのを手伝ってもらったり、目玉を自分で描いたりと、少しだけ難しくすると良いですね。

材料

  • カップ麵(ミニ)の入れ物など2個
  • 目玉になるシール
  • 赤い画用紙(口)
  • 黒い折り紙
  • モール
  • 白いビニールテープ
  • 両面テープ

保育士の作業

カップめんミニサイズは、ちょっとしたおやつや、お昼などの足しに食べるのにちょうどいいサイズです。

でも、商品名がデカデカと書いてあるので、白いビニールテープで巻いて隠しましょう。

写真ではあんまり分からないかもしれませんが、白いビニールテープで巻く事によって、ミイラの包帯な感じがでてきますよ~。

汚れが気になる場合は、カップ麺を食べなくても新品のカップが売っていますので、購入して下さいね。

  1. 白いビニールテープでカップ麺の外側を巻いた物を2つ用意します。
  2. その2つのカップ麵の裏側(頭の後ろの部分)を、中側と外側からしっかりとテープで止めて2つのカップ麺を固定します。この時、口を大きく開けたいのならば、テープの幅を小さめに、口は少しだけ開けたいのならば、テープを幅広く取り付けてみてください。
  3. 赤い画用紙で舌となる部分を作っておきます。サイズをみて短くしたり、長くしたりと色々なバージョンがあると面白いです。

ここまでは、保育士が用意しておきます。

スポンサーリンク

ハロウィン製作0歳児向け

子供の作業

  1. 白いシール(大)に、目玉となる小さなシールを貼ってもらいます。目があっちこっちと違う方向を向いても可愛いですね。
  2. 黒い折り紙をビリビリ出来る子はビリビリしてもらい、目玉の土台を作ってもらいます。
    土台が作れない子は、保育士が手伝ってください。
  3. 2で作ったその黒の土台に目玉のシールを貼ってもらいます。
  4. 3で作った黒い目玉の土台を、今度はカップ麺に両面テープで取り付けて(出来る子供は自分でやらせる)子供の作業は終わりです。

最後に保育士が赤い舌をテープで取り付けて、足のモールをカップ麺の下にくっ付けて出来上がり。

よりミイラの包帯の感じを出したいのならば、白いビニールテープを少し垂らしたりしてみて下さい。

あと、足の先を少し曲げてあげると可愛く仕上がります!

出来上がりのおばけは天井からつるしても可愛いのですが、オススメは座らせる事です。

ロッカーの上、窓の棚など、ちょっとした場所にちょこんと座らせると可愛いですよ!

このおばけ?ミイラ男を、天井から吊るす時には、カップ麺の上(頭の上の部分)に穴を開けて、モールを差し込むと簡単です。

ぜひ、ハロウィンの製作にやってみて下さい!

ハロウィンおばけ製作最後に

ハロウィンのおばけ製作、0歳、1歳、2歳児向けでした。

天井から吊るしても可愛いですが、ちょこんと座っている姿も可愛いですので、参考にして作ってみてくださいね。

ハッピーハロウィン!

ハロウィン製作1歳児向け保育園で作る簡単かぼちゃバック

ハロウィン製作0歳児向け・ふわふわおばけで簡単かわいい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする