クリスマス子供にツリーを買うなら?赤ちゃんに安全な物も紹介!


12月に入ってくると本格的にクリスマスのシーズンとなってきますね。

街中の飾りつけも、クリスマスの飾りとなり綺麗ですね。

家の中も少しずつ季節の飾りを取り入れたいとは考えているのですが、大きなツリーを出すと掃除が結構大変・・・などと考えて、クリスマスツリーを出すのを遅くしてしまうと、それはそれで味気ないですね。

また、子供が小さいうちは、クリスマスのツリーを買うどうか迷いませんか?

小さい子供が触って倒れたら危ないしなど考えてしまいますね。

そこで、今回は私がクリスマスのツリーを買う時に悩んだ事や、実際に購入して思った事、また赤ちゃんでも安全に楽しめる、クリスマスのツリーなどを紹介します!

スポンサーリンク

クリスマス子供にツリーを買う?

赤ちゃんがいる家庭では、クリスマスツリーを買って置きたいけれど、ツリーが倒れたら危ないな~とか、思いませんか?

ハイハイで移動したり、つかまり立ちの頃などに、クリスマスツリーにつかまって立とうとしたら、ツリーと一緒に赤ちゃんも倒れてしまいますね。

それに、ツリーを飾っても赤ちゃんじゃ、きっと覚えていないし、分からないし、何といっても掃除が大変になるから要らない!

って思ってました。

でも、でも、それは違った。

保育士として仕事をしていた時に分かったのですが、0歳児・1歳児の赤ちゃんをクリスマスツリーの前に連れて行くと、反応がすごくあるんです。

保育園の玄関に飾ってあったクリスマスツリーは、夕方になると点灯していたので、帰宅の時間になるとキラキラと輝いすご~くキレイ。

そんなキラキラと輝くクリスマスツリーをみつけると、小さい0歳児クラスの赤ちゃんでも

「う・う~」と言って手を伸ばしたり

「わ~」

「あ~」

とか、お話しが出来ないながらに、目を輝かせて見つめる赤ちゃんたち。

その時に

「赤ちゃんだから分からないから、やらない!ではなくて、色んな習慣や行事などを経験していくって、大切なんだな。」

と、クリスマスツリーを見つめる子供達を見て、改めて考えさせられた出来事でした。

保育園では、子供の側に保育士がついていますので、ツリーを見る前には「クリスマスツリーには触らない」という約束を、しっかりとしてから見るので、触って倒す事はありませんでした。

でも、実際自分の家の中にクリスマスツリーがあったら、きっと触りたくなりますよね(^^♪

ママと、一緒の時には触っても良いけれど、そうではない時には触らない。

などと約束しても、ママのスキをみて、そ~と触りに行きたいものです。

そこで、我が家ではツリーを、ベビーサークルの中に入れて、子どもが1人で入れないようにしていました。

でも、何だかちょっとクリスマスツリーを中にいれるので、変な感じにはなってしまいます。

小さいうちは子どもの安全第一ですので、仕方がないのですが、我が家では、子供が理解できるようになったら、ガードなしで綺麗なクリスマスツリーを楽しみました。

クリスマスツリーを買うなら何歳くらいに買う?

クリスマスツリーは、子供が何歳くらいに買えばいい?

これについては、私は赤ちゃんの頃から楽しめますよ~と、思います。

でも、赤ちゃんがツリーを触ったり、飾りのオーナメントを口に入れてしまったり、などというキケンがありますね。

そのような事を考えると、子供の成長や性格にもよると思いますが、3歳~4歳くらいにならないと、約束などを理解して、親と一緒に飾りつけなども楽しめるのではないでしょうか?

そうではない、赤ちゃんの時にはやはり、私のようにガードを使うなどした方が安心ですね。

でも、ツリーの飾りつけを、子どもと一緒にするって、何だか物凄く幸せ家族な感じでいいですよね。

そういうのって、ちょっと結婚生活の夢だったりする(#^.^#)

でも、そういう親子の楽しい時期って短く、子どもはあっという間に成長してしまい、結局はクリスマスツリーを出すのは母親一人の仕事になってしまいます (´Д⊂グスン

そんな私の経験から、子どもが小さいうちから、いっぱい親子でのクリスマスの時間を楽しんでおくことをおススメします!

スポンサーリンク

さて、実際にクリスマスツリーを買おうと思うと、迷うポイントがいっぱいあるんですよね。

  • ツリーの高さ
  • 飾り・オーナメントの種類
  • リボンの雰囲気
  • ツリーの色
  • ライトの色あい
  • ツリーの足元の感じ
  • 華やかな感じがいいのか?
  • 落ち着いた感じがいいのか?

などなど・・・。

ツリー購入時私が一番気になったのはこちらです。

ツリーの高さ

お友達の家では180cmのクラッシック調の素敵なツリーがあって、いつも素敵だな~と見つめていたので、それくらい大きいのが欲しい!

でも、我が家の部屋の広さを考えると、180cmはどー考えても高すぎる。

天井が低い家には180cmのクリスマスツリーは威圧感が半端ない。

お店でクリスマスツリー見ると120cmでは低いと感じます。

150cmもいいかな~と迷いました。

結局私は、150cmと120cmを悩んだ挙句、120cmを買ったのですが、狭い部屋に置くとそれでも結構幅とるし、高さも結構ありました。

クリスマスツリーは飾る時に、枝を広げなければならないので、広い家ならばいいのでしょうが、狭い家の中だと結構幅をとるのです。

購入前には、どこに置くのかを場所を決めて、その場所にあう高さや大きさのツリーを買わないと、結局は邪魔になってしまいます。12月が終われば収納しなければならないし。

とにかく、12月中は部屋の中に置くことになるので、購入時は高さや幅、そして収納できるのか?などをよく考えて買いましょう。

ツリー自体の色

ツリー自体の色は緑だけではなく、白があったり、可愛い感じのピンクがあったりとまた悩みます。

私は白か緑で悩んだのですが、やっぱりずっと見る事を考えて、オーソドックスな緑のツリーを購入しました。

オーナメント・リボンの色

飾りなどは後で買い足せるのですが、リボンの雰囲気でもかなり全体のイメージが変わってきます。

金色のリボン?シルバーのリボン?赤?青?

組み合わせが難しいですが、考えるのも楽しいですね。

ツリーの足元

クリスマスツリーを買ってから思ったのですが、ツリーの足もとが気になる。

せっかく気に入ってかったのに、ツリーの足元がなんか物足りない感じがする。

そうならないように、ツリーの足元もよく見て、可愛い物選ぶ事も大切です。

でも、もし購入後に気に入らなかった時には、自分で可愛い木箱で囲ってみたり、プレゼントの箱をツリーの足元全体的に飾って見たりするとよくなりますよ!

もしも、足元が少し気になる時にはやってみて下さいね。

部屋の雰囲気にもよりますが、色でインパクトが全然違うので、自分がイメージするクリスマスツリーをよく想像すると良いでしょう。

クリスマス赤ちゃんにも安全ツリーは?

クリスマスツリーを飾るのに、私のようにガードを使うのはちょっと・・・。

と考えている方むけに。

ウォールステッカー

赤ちゃんがいたお友達の家では、クリスマスツリーの代わりに壁紙シールを貼っていました。

これならば赤ちゃんにも安全ですし、簡単にはがせるのにクリスマス雰囲気が出てとっても便利ですね。赤ちゃんも喜んでくれるかな。

卓上にもクリスマスツリー

Lovi(ロヴィ)の北欧クリスマスツリー。手の上にのせられる小さいサイズ(14cm)で、赤ちゃんがいても机の上や、玄関、パソコン周りにも置けるサイズです。ツリーの色もいっぱいあって、迷ってしまう。自分で組み立てるのもまた楽しそうですね。

クリスマスリース

本物のモミの木で自分で作ってみる?

毎年クリスマスリースを手作りしている人も多いようです。生のリースだからこそ、香りや雰囲気が作り物とは違い、ドライになっていく事で、その変化も楽しめます。自分好みのリースを作りたい人に、おすすめです。

この他にも、子供と一緒に緑の画用紙で、大きい三角を3つ作り、クリスマスツリーとして壁などに貼って、オーナメントなどの飾りも絵で描いてもいいですね。

今は、赤ちゃんと一緒に楽しめる物もいっぱいあります。

部屋の雰囲気を少しだけクリスマスにするだけで、きっと喜んでくれるでしょう。

まとめ

クリスマスの飾りって可愛い物がいっぱい出ていて嬉しくなりますね。

小さい子供がいる間は、あまり手をかけられないかも知れませんが、子育ての間の息抜きに子供が寝ている間に、ツリーを眺めてお茶をする。それだけでも気持ちが落ち着きますよ~。

なかなか、子育て中は時間もないかもしれませんが、クリスマスを楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする