喪中に年賀状が届いた時の対応は?返信方法や文例を紹介します!

12月になると、そろそろ年賀状について考える時期ですね。

新年のご挨拶はきちんとしたい。

そのような考えの方は多いのではないでしょうか。

しかし、年賀状を作ろうと考えていた中、12月に身内の不幸があり喪中となってしまった。

そのような時にはどうしたらいいのでしょうか?

喪中のハガキを出すのはすでに間に合わず、そして新年を迎えてしまった。

そんな時、年賀状が届いてしまった時の返信方法や、文例などを紹介していきます。

スポンサーリンク

喪中に年賀状が届いたら

喪中のハガキは、11月中旬頃から12月中旬くらいまでに送ります。

12月中旬というのは、毎年郵便局で年賀状の受付が始まる時期が12月15日頃です。

ですので年賀状を投函する前の12月15日までには、喪中のはがきが先方に届くように送ります。

出来れば先方が年賀状を作成する前に手もとに届くと、良いですね。

早めに年賀状作りをする方は、12月の半ばにはすでに完成しているかもしれません。

手間をかけないようにするためには、12月の初旬には喪中のハガキが届くように良くると良いですね。

しかし、12月に身内に不幸があった時などには、喪中のハガキを送る事は出来ません。

身内の不幸で悲しい思いの中、年賀状の事まで考えも及ばないですね。

そんな悲しみの中で新年を迎えた時に届く年賀状を見て、そういえば年賀状をどうしたらいいの?

と、考えてしまいます。

そのような時には、年賀状の返信として寒中見舞いを出すと良いでしょう。

では、寒中見舞いはいつ出したらいいのか?

文章はどんな感じで書いたらいいのか?

などについて確認していきます。

喪中に年賀状が届いた時の返信方法

寒中見舞いは通常、年賀状を頂いたのに旅行などで長期で家を空けていた時など、年賀状の返信が遅れてしまった時などのご挨拶として出しますが、喪中の時などにも寒中お見舞いで挨拶をする事ができます。

寒中見舞いというのは、松の内(1月1日から1月7日)があける日から立春の2月4日までに出すものとさせています。

でも、早い時期に出した方がよいので、出来れば1月中に投函出来ると良いですね。

そこで悩むのが文章です。

どんな感じで書くものか?

  1. おめでたい言葉はさけます・・・年賀の賀はおめでたいとされる言葉なので、使用を避けます。
  2. 年賀状を頂いたことのお礼をします。
  3. 故人のお知らせをします。
  4. 喪中のハガキを出していない事の旨を詫びます。
  5. 終わりの挨拶
  6. 日付

だいたいはこのような感じの文章で構成していきます。

では、ここから先は例文を紹介してきましょう。

スポンサーリンク

喪中に年賀状が届いた時の返信文例

パターン1

寒中お見舞い申し上げます

ご丁寧なお年始状をありがとうございました

昨年12月に母が永眠し 年頭のご挨拶を控えさせていただきました

ご連絡が行き届かず 誠に失礼いたしました

今年も変わらぬお付きあいのほど どうぞよろしくお願いします

平成〇〇年1月

パターン2

寒中お見舞い申し上げます

年頭のご挨拶をいただきありがとうございました

昨年12月に叔父が永眠いたしましたため 新年のご挨拶を申し上げるべきところ 喪中につきご遠慮させていただきました

時節柄一層ご自愛のほどお祈り申し上げます

平成○○年1月

パターン3

寒中お見舞い申し上げます

年頭のご挨拶を差し上げるべきところ 昨年12月に伯母が亡くなりましたので控えさせていただきました

時節柄まだまだ寒さが厳しい日が続きます

皆様にご自愛のほどお祈り申し上げます

平成○○年1月

さいごに

身内が亡くなるのは悲しいです。

気持ちも塞ぎがちになってしまうでしょう。

自分の気持ちが落ち着いてから、無理なくやっていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする