子供と生き物を飼育!保育園でも簡単に飼えるおすすめは?

子供って虫が好きな子、嫌いな子、動物が好きな子、嫌いな子、色々いますね。

もちろん、大人も一緒です。

できれば子供には好奇心旺盛になって欲しい~

とか

生き物に興味を持って欲しいな~

とか

自然と触れ合って、生き物の存在に気付いてほしいな~

とかって、思いませんか?

以前働いていた保育園などでも、幼虫などを飼育したりしていたのですが、子供達は興味津々にのぞき込んでいきます。

できれば観察が出来て簡単に飼育できる生物・・・簡単と言うと少し違うのかもしれませんが、命あるものなので無事に育てあげたいし、世話が子供と一緒に無理なく出来る生物とはどんな生き物でしょうか?

だいたい2歳児くらいから親子で飼える、おすすめの生物などを考えて行きましょう。

スポンサーリンク

子供と生き物を飼育したい

自分の子供には出来るだけ自然と触れ合って、生活の仲間として色々な生き物がいる事も知ってほしい。

そんな思いから、自分はあまり好きではない虫だけれども、子どもと一緒に虫取り等をして遊んできました。

好奇心旺盛な子供にとって生き物に興味津々です。

虫にとっては迷惑極まりないのですが、子どもは夢中で虫を追いかけて遊びます。

でも、子どもも虫とりをする事で、虫をとると虫が弱ってしまう事も分かります。

子供も成長するにしたがい、生き物の事について少しずつ考えるようになり、するとだんだんと虫はとったらすぐに逃がしてあげる事も、こちらが言わなくても出来るようになりました。

生き物に対して優しい心を育んで欲しいですね。

以前勤めていた保育園では、普段動きが激しい活発な子も「蝶のさなぎ」を見せると、動かないさなぎを虫かご越しにじ~っと静かに見つめ続けていました。

そんな姿をみると、幼虫→さなぎ→蝶 になる姿を見せてあげたい!と思います。

そんな経験から出来るだけ子供達には身近な生き物を見て、好奇心を育てたい!

出来れば生き物を飼育したいと考えるようになりました。

でも、命あるものなので生き物の命を最優先に考えると、動物は難しい。

また、場所もない事を考えると、やはり室内で安全に飼育できる生き物として、身近な昆虫が良いかな・・・となります。

近所に公園があれば卵や幼虫を採取出来ますし、羽化まで見守れればなお良いですね!

卵や幼虫を羽化までさせるには、どうしたらいいのか?

などなど、まず生き物を飼うには管理者の大人が、その生き物について十分に勉強して知識を身に付けなければなりません。

昆虫も飼育する事は簡単ではないけれど、子どもと一緒に昆虫の勉強をするのも楽しいかもしれませんね(#^.^#)

子供と飼育するのに比較的簡単な昆虫は?

私が今まで子供と一緒に飼育してきた生物は

  • カブトムシ
  • クワガタ
  • 蝶の幼虫
  • 金魚

などです。

みなさんもこのような生物は、自分が子供の頃などにでも、飼育した事があるのではないでしょうか?

自分が子供の頃に育てた事があれば、知識もありますね。

子供にも色々な事が教えてあげられると、子どもから尊敬されるかもしれませんね!(^^)!

飼育に取り組む前にチェックする事

  • 有毒性はないか?
  • 子供が安全に楽しみ、そして観察できるか?
  • 保育者(親や保育士さんですね)が無理なく管理できるか?

子供が小さくて飼育が無理が場合は、親が管理する事になるので、できるだけ負担なく世話が出来る生き物を選びましょう。

昆虫ならば園庭や公園などでも色々な生物が潜んでいるはず。

そっと石をどかしてみたり、落ち葉の下なども探すと昆虫が出てくるかもしれませんね。

みつけた昆虫について、子供から「どおして?」と色々聞かれる事も出て来るかもしれません。

子供が出会う可能性のある身近な生き物や植物については、あらかじめ調べておくと良いけれども、中には知らない事もきかれるかも・・・。

そんな時には素直に「あとで調べてみようね」と伝えて一緒に調べるといいですよ~。

子供と飼育おすすめは?

春に飼育するならば

蝶の幼虫などは身近にいる事が多いです。
アゲハチョウの幼虫などは、柑橘系の葉を好むので探してみるといいです。幼虫は結構葉っぱを食べるので、餌の葉も補充できるようにしておきましょう。

羽化までみれるように、頑張って育ってて、蝶になったらすぐに逃がしてあげましょう!

秋から冬に飼育するならば

カマキリの卵は公園で見付けられれば卵を採取して、飼育ケースで見守りましょう。
背の高い草が多く茂っていた草むらの跡地やツツジの内側の枝などを探してみましょう。
でも、結構住宅の壁や電柱などにある事もあります。

親子で探すのも楽しいですね。

春に卵がかえって赤ちゃんがうまれたら、すぐに外に放しましょう!

昆虫の卵などは、公園などで採取できますが、自然に近い環境を整備・管理している場所では生き物を保護しているので採取は控えましょう!

さいごに

2歳くらいになると、生き物の形の違いに気づいたり、動きを楽しんだりすることが出来るようになるので、一緒に観察を楽しむと楽しいですね。

しかし、飼育をするならば生き物の命を最優先に考えて、目の届く場所に置く事や、子供の安全と衛生管理には十分に配慮して、丁寧に世話してあげて下さい。

上手く育ててあげて、幼虫→さなぎ→蝶に変化した時の感動(子供よりも結構自分の方が感動してしまう)の経験をさせてあげれるといいですね~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする