こたつ掃除はしにくい!ヒーターの手入れの仕方は?実際にやってみた

寒い季節になってきましたね。

そんな時にあると良い物・・・こたつ!

でも、最近では床暖房のお家も多くなっているので、こたつを使う家庭も少なくなってきているのかもしれませんが、我が家は床暖房ありません。

そんな我が家の冬の必需品はエアコンとこたつです。

でも、こたつって出すと中々出られなくなってしまう欠点が~(*´Д`)

子どもも肩までこたつに入ってしまい、こたつの温かさに取りつかれてなかなかこたつから出てこなくなるぅ。

しかも、部屋が狭くなるし、掃除がしにくいので主婦としてはこたつを出してしまうといろいろと面倒なんですよね。

でも、子供に「今年もこたつを出して~」とせがまれてしまい、ついに今年もこたつを出してしまいました。

こたつを設置していざ電源ON!と思ってこたつのヒーターをよく見てみると、物凄い白い塊が・・・。

目を疑うくらいの埃。

仕方がないので、今年は全部自分で分解して、こたつの掃除を実際にやってみました。

正直大変だった。。。

では、こたつのヒーターの掃除方法について確認していきましょう。

スポンサーリンク

こたつは掃除しにくい

毎年こたつを使っていたのですが、ヒーターの部分までよく確認していませんでした。

しかし、今年はこたつがどのようにして温まるのか、実際に子供ヒーターの部分を見せて説明をしようと思いみて見ると、物凄い汚さ。

「ひぇ~何これ!?埃が物凄い」

「これは子供に見せられない・・・いやこのまま使用したら火事になる!

というレベルの埃が付いていました。

あまりの埃の多さに見とれてしまう程。

よく、ここまで埃がたまったなぁ~。

考えてみたら何年こたつを使っていたのかなぁ。
こたつ自体の掃除は全然していませんでした。

こたつの掃除なんてしにくいし、実際どうやって掃除していいのか分からない。

こたつもよく壊れずにここまで使えたなぁと感心していたのですが、このままで使用して火事になったら大変です。

とにかく埃をとらなければと思いいまずは、ヒーターの上から掃除機にすき間ノズルをつけて、掃除機をかけてみました。

撃沈。

全くヒータ―の埃まで掃除機の吸引力では届かない。

戦力外でした。

「仕方がない。これは分解して掃除をしなければ!」

と思い立ち早速こたつのヒーター部分の分解を始めました。

こたつのヒーター掃除はどうやる?

こたつをよく見てみると、ねじでこたつのヒーターがテーブルにくっついているだけの簡単な構造でした。

見た所プラスのドライバーが1本あれば、ヒーターはテーブルと外せそうと思い、早速ドライバーを使ってねじをとっていきます。

ねじを外すと簡単にテーブルとヒーターとが分解出来ました。

ここまでは結構簡単。

次にヒーターも分解です。

ヒーターもプラスのドライバーを使ってねじを取っていきます。

ねじを外すだけで簡単に板を外す事が出来ました。

ここからが、ちょっと大変。

力を入れて網目の天板とヒーターの部分とをひき抜かないと、ヒーターの掃除は出来ません。

上手く天板とヒータとを分解できずに、格闘すること約5分。

格闘しながらも少しずつ動かしながら、なんとか網目の天板とヒータの部分とをとり外す事が出来ました。

私は掃除の前に新聞をひかなかったので、部屋の中は埃でいっぱい。

ま、でも掃除機でヒーター周りの大きな埃は吸い取っていくので、ついでに部屋の掃除もしてしまいましょう。

大きい埃は掃除機で吸うと、今度はいたるところに挟まって出てこないすき間に挟まっている埃をかき出します。

でも、かなり埃が出そうなのでここからは外に移動します。

さてすき間掃除には割りばしが便利です

ヒーター部分にはすき間やら配電やら細いすき間がいっぱい。

指も入らないので苦戦します。

細いすき間に挟まってとれない埃は、ピンセットを使って挟んで取り出します。

それでも出てこないしつこい埃には、最終手段!

息を思いっきり「フー!」で埃を吹き飛ばします。

結構息が一番効果的(^^♪

家の中では埃が舞ってしまい、ひどい事になると思いますので、ぜひこの息かけ作戦の時だけは外に出てやってください。

息の吹きかけと、割り箸で何とか埃を全部搔きだして、キレイになりました。

最後に布で埃をよくおとして、掃除機を再度かけてスッキリとキレイに埃を取り出せました。

スポンサーリンク

こたつ掃除の仕方

  1. 電源を抜いておく
  2. こたつ本体からヒーターを外す
  3. ヒ―ター自体を網目とヒーターとに分解
  4. 網目はきれいに埃を拭きとり、ヒーター部分は掃除機で埃を吸い込む
  5. ヒーター部分の掃除

全部の掃除が済んだら、取り外した方法の逆の作業で全部をねじでとめて、こたつテーブルにヒーターをねじで装着してこたつの出来上がり!

私はこの全部の工程に2時間半くらいかかりました。

途中ヒーターで手を切ってしまったり(刃が結構ありあぶないので、軍手をしておいたらよかった)しましたが、時間がかかったのは、埃とりの作業でした。

埃をよくみると黒く変色している埃もあり、このままの状態でこたつを使用していたら火事になっていたかも・・・と思いちょっと怖くなりました。

でも埃がどんどん取れるので、途中からはスッキリして、楽しくなってきましたよ!

ヒーター掃除は埃まみれになってしまうので、庭があるお家は天気の良い日に、外でビニールシートの上なのでやるといいですね。

家の中でこたつのヒーター掃除をやる時には、ヒーターを分解する前に新聞紙を前もって用意して置き、ヒーターは取り外したらすぐに新聞紙の上において掃除をすると、部屋があまり汚れずにいいですよ。

でも、息吹きかけ作戦の時には外に出る事をおすすめします。

あと、ヒーターの中は結構とがっていたりと危ないので、私のように掃除の時に指を切ってしまうかもしれません。

そんな事にならないように、軍手などをして手や指を守ってお掃除をしましょう!

最後に簡単な掃除方法のご紹介!

パソコンのキーボードを掃除するエアスプレーをこたつ掃除に使う方法があるそうです。

我が家は物凄い埃の量だったので、出来ませんでしたが、埃が少なければエアスプレーを使って埃を吹き飛ばす方法があります。

この方法ならば分解しなくても掃除ができるので簡単で良いですね。

我が家のこたつは今回でキレイになったので、次にこたつをしまう時には、このエアスプレーの方法も試してみたいと思います。

あ、でも埃がかなり飛び散るようですので、屋外でも使用がいいようですので、興味の出た方は外で試してみて下さいね。

さいごに

主婦が1人でこたつを分解して掃除するには結構な力仕事になると思いますが、なんとかちゃんと出来ました。

一番難しかったのは、ヒーターをこたつ本体に設置する所。

ヒーターとこたつ本体とを止めるねじが、上手く穴に入らずに手こずった為に、ここで少し時間がかかってしまった。

ここの工程は一人では難しいかもしれません。私も少し手伝ってもらいながはめ込みました。

結構大変だったけれども、こたつが綺麗になってスッキリです。

こたつの掃除を考えている方の参考になったら嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする