お年賀のおすすめ年配向けにはお菓子やお酒以外で何がいい?


あけましておめでとうございます!

お正月の親族やご近所様との集まりといえば、真っ先に思うのが「お年玉」や「お年賀」です。

子供の頃は親戚のおじちゃん、おばちゃんにお年玉をもらいたくて、本当は行きたくないけれどお年玉目当てに、新年の挨拶に行っていました。

しかし大人になると新年の挨拶に行くのに手ぶらでは行けません。

お年賀 + 子どもがいる家庭にはもちろん、お年玉も用意ですね。

お年賀って難しいですよね。

毎年何を持って行っていいのか迷います。

相手のお家の家族の人数や好みなども気になります。

特に年配の夫婦の家に行く時のお年賀は健康の事も気になるので、何を買っていいか迷います。

甘いものが健康上たべられないとか、アルコールも駄目かも・・・。

そこで、お年賀で年配者向け、お菓子以外で、おすすめの物は何かを確認していきましょう。

お年賀のおすすめ年配向けは?

毎年恒例になっている親類のお家へ新年のご挨拶。

子供にとっては、お年玉の回収(^^♪ですね。

お年賀を高齢家庭に持参する時の私の悩みは・・・

  • 食品でもあまり個数が多いと夫婦2人だけの家庭だと食べきれない
  • 体をこわしてから甘いものはあまり食べない
  • 健康上アルコールも駄目
  • 硬い食べ物も入れ歯なので難しい
  • お年賀なので華やかな物が良いかな
  • 日持ちする物がいい
  • あまり高価な物は気を遣わせるので2000円~6000円くらいの物

食べ物ならばやっぱり喜んでもらえる美味しい物がいいし、個別に1つずつパックされている物がいいですね。

食べ物以外となると好みもあるし、使ってもらえない物だと贈ったかいがないですし・・・。

お店に買いに行っても何がいいのか迷いだすと、なかなか決まらないので、ただ足が疲れてお茶をしてウインドショッピングとなってしまう恐れ有りなのです。

ちなみに私が今までお年賀に持参した物は、

  • カステラなど名の知れたお店の柔らかいお菓子
  • 干支の柄入りの和菓子やお菓子
  • ピーナッツ
  • バームクーヘン
  • フルーツ

なるべく有名なお店のお菓子などがほとんどですが、和菓子だと日持ちが心配になります。

でも、干支の絵が入った可愛い和菓子などをお正月に頂くと、「新年だ~」と言う感じがして嬉しいです(*´▽`*)

ピーナツなどはビールなどを飲む時にはつまみにあるといいのですが、少し食べずらかったかなぁ?と思いました。でも、日持ちもするし何といってもピーナツ美味しいですので個人的には硬いけれど有りかなと思います。

それでは次に、お菓子以外で高齢夫婦でも喜んで使ってもらえる物は何かを、確認していきましょう。

お年賀のおすすめお菓子以外

お年賀でお菓子以外に何を持って行くのがいいか、知人に色々聞いてみました。

そこで、評判が良かったよ~という物を紹介します。

緑茶

緑茶の価格ってピンキリですね。高いお茶は確かに美味しい。

自分ではあまり買わないけれど、高級茶は貰ったら嬉しい。そんな金額のお茶で、お年賀仕様の華やかなデザインのパッケージの物が良いですね。

近所のお茶飲み友達がお家に遊びに来た時にでも、ちょっと自慢しながら美味しいお茶を飲む事も出来るので良いですね。

高級フルーツ

普段は自分では決して買わない高級フルーツ。

高級フルーツのお店に行くと、本当に「ドデーン」と鎮座して飾られている姿を見るだけですごい高級感があります。

こんな高そうなフルーツ食べたいな~と、いつも横目でみながら立ち去る私。

そんな高級フルーツを貰ったら嬉しいです。

また、ある程度日持ちもしますので慌てて食べなくても良い所が嬉しいですね。

しぐれ煮

こちらも個別にパックされている商品ならば、お正月の料理に少し飽きてきたときや、おかずが足りない時のあと1品という時に重宝します。

やっぱりお肉が食べたくなりますね。

お茶づけセット

お正月で胃が疲れている時などに、食べたくなるお茶漬け!「食べたくないな」そんな日でも高級お茶漬けセットを見るとなんだか食欲がわいてくる!

お年賀年配むけに食べ物以外に何がある?

お年賀は食べ物以外だと何があるでしょう。

お花

普段そんなに「お花は飾らないよ~」という家庭でもお正月はお花を飾るというお家も多いのではないでしょうか?

我が家の玄関にも普段はそんなに飾らないお花ですが、お正月にはお花をかざります。

お正月くらいは華やかに、お花はいくつあっても部屋がパット明るくなるので私は嬉しいです。

でも、花瓶がない・・・というお家もあるかもしれませんので、アレンジメント等のようにかごにさしてあるお花がの方が手入れが簡単でいいですね。

カタログギフト

カタログギフトは、どうしても相手の好みが分からない時いいですね。

時には、頂き物でも口に合わない物や、自分の趣味に合わない物などを頂いた時には、貰っておきながら少しガッカリする事もあります(*´▽`*)

「好みの品物を選んで欲しい!」そんな時にカタログギフトを贈りたいですね。

タオル

タオルはよく会社名の印刷されたものを新年のご挨拶で頂く事が多いですね。

でもタオルは頂く事が多いので、どの家庭でも未使用のタオルが結構余っている家庭も多いかもしれません。での、高級なブランドのふっかふかのタオルならば嬉しいです。

お正月は、いつもよりも少し明るい感じの華やかな物を選んで贈ると良いでしょう。

お年賀のおすすめ最後に

新年のご挨拶のお年賀は1月1日から1月3日の三が日の間に手渡しで贈ります。

1月7日までならばのしも「お年賀」で問題はないのですが、1月7日を過ぎる時にはのしを「寒中見舞い」として贈りましょう。

出来ればお祝いらしく華やかで、干支が入った物なども喜ばれます。

お年賀に限らず、お中元、お歳暮なども基本的には毎日使う物で、自分で購入するには少し高いかな~と思う物などを贈ると使ってもらえるのかな~と思います。

少しでも参考になったら嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする