0歳児1歳児の室内遊び運動は?親子遊びや新聞・風船で楽しもう!

雨の日など外遊びが出来ない日はずっと家の中。

子供に家の中でいったい何をして遊ばせたらいいのか分からない・・・。

特にお父さんたちは、小さい赤ちゃんとなると遊び方が分からないよ~と言う事が多いようですね。

そんなお父さんやお母さんに向けて、元保育士が保育園でやっていた室内遊び・0歳児~1歳児の赤ちゃんでも手軽に遊べる簡単な運動親子遊びや新聞紙遊び、そして風船遊びなどを紹介していきます。

雨の日や、やる事がないひま~な日にでも試して遊んでみて下さいね。

スポンサーリンク

0歳児1歳児の室内遊び運動とは?

家の中で0歳児~1歳児の赤ちゃんと何をして遊びましょう?

0歳児は寝ているか、泣いているか、ミルクを飲んでいるかだな~などと思っていたら、あっという間に動くようになって色々な場所に移動するようになります。

この時期は子供の成長が目に見えて、すっごく嬉しい時期でもありますが、だんだんと育児も大変になってきますね。

部屋もきれいに片付けていたつもりだったけれども

  • たまたましまい忘れていた本をカミカミかじられたり
  • ほんの少しだけ目を離したすきに、ボックスのティッシュをポイポイぬいて遊んでいたり
  • 引出しの中身を全部出して遊んでいたり(ハサミには要注意!)

これも成長か~!と、思えばいいのでしょうが、自分が疲れている時には、可愛い・・・という思いよりも「あ~あ、またか~」という感情の方が大きいかもしれませんね。

そんな時には「あ~あ」の感情よりももう少し気楽に、気持ちを変えてみませんか?

あ~あの気持ちの時にでも、簡単に出来るあかちゃんとのスキンシップも兼ねた簡単な遊びを紹介します。

お腹のゆらゆらベット

お母さん、お父さんはが仰向けで寝っ転がり、赤ちゃんを自分のお腹の上にのせ、目が合うようにします。

「らっこ」の親子のような感じで、目を見てニッコリしてスキンシップを楽しみます。

この時子供が自分のお腹の上から落ちないように、体をしっかりと両手で抱えながら時々体をゆらゆらさせると喜びます。

子どもを仰向けにしたり、自分のお腹の上にまたがって座らせて、ゆらゆらさせて楽しみます。

もしも、この時赤ちゃんが怖がるようならばやめて下さいね。赤ちゃんの様子をよくみて楽しんでください。

ひざの上のゆらゆらブランコ

パパ・ママは床に座り、自分のひざ(すねの辺り)の上に赤ちゃんを座らせ、赤ちゃんの脇の下に手を入れて、体を固定します。

赤ちゃんの目を見ながら好きな歌でも歌いながら、膝を上下に軽く動かします。

座った格好が大変ならば、自分が寝っ転がり、自分のすねに赤ちゃんをのせて、ゆらゆらしても喜びます。

この時もちろん赤ちゃんが落ちないように、両手でしっかりと赤ちゃんの体を押さえてあげましょう。

このゆらゆらブランコ子ども達は大好きで、保育園などで一人やると「私も僕もやって~!」と、みんな群がってきて体にのられて大変なんです。

一人やると、体力が続く限りやらなければならない( ゚Д゚)

保育士って過酷です~。

足の滑り台

体育座り?お山座り?の姿勢でお父さん、お母さんは床に座って膝を立てます。

子供の脇を両手でしっかりと持ち、親の足のすねの部分を滑り台として滑ります。

足の滑り台は、あっという間に滑り終わりますが、子どもにはちょうどいい滑り台となりますよ~。これも何度もせがませると結構大変です。

膝の上ドライブ

床に足を付けて座ります。

子どもを自分の足の上に(ももやひざなど2人くらいは出来ますよ)座らせて、子どもの腰を「シートベルトを締めま~す!」と言いながら押さえます。

あとは、ドライブに出発!

「右に曲がりま~す」と言い、子供の体を押さえながら、体を右に移動させます。

同じように「左に曲がりま~す」で、子供の体を左に移動させます。

「ガタガタ道で~す」この時には、足を動かしてガタガタさせます。

ガタガタさせると、「キャーキャー」言って喜びますよ~。

足の上ドライブで公園に行ったり、遊園地へ行ったり、動物園に行ったりと色々なバーションにしてあげると楽しいですね。

ロボット歩き(歩けるお子さんには)

お父さん、お母さんの足の甲の上に子供の足を乗せて、子どもの両手をそれぞれ持ち、子どもと一緒に歩きます。

子どもは親の足の上に自分の足を乗せている感じですね。

子供は進行方法を向いていてもいいし、親の足の方を向いていてもいいし、子供の好きな向きでやってみて下さい。

歩くたびにロボット気分で「ドシーン・ドシーン」と言うと楽しいかな~。

0歳児1歳児の室内遊び新聞遊び?

さて、次の遊びは新聞遊びです。

新聞を口に入れてしまう0歳児の赤ちゃんには少し難しいかもしれませんが、雨の日など外遊びができない時には、保育園ではお馴染みの遊びですね。

0歳児でも、そばで見守りながら遊べば、工夫しだいで色々な遊びへと展開出来ますので様子をみながらトライしてみてね。

新聞紙を1枚子供に渡すと最初は「何これ。どうしたらいいのか分からない?」という感じで見つてしまうかもしれませんが、目の前でビリビリと新聞紙を破いて見せると子供も同じようにビリビリと破いて遊んだり、新聞紙を丸めてギュギュっと握ってボールにして投げて遊んだりと、遊びに展開がみらたらすごいです!

新聞紙遊びの展開1歳児~

子どもが新聞紙を丸めて遊び出したら、バットを新聞紙で作って野球しても面白いです。

その他の展開として

  • からのペットボトルを出して、ボーリングにしたり(新聞紙ボールも大きくしてね)
  • 親が頭にカゴをのせてしゃがんで、玉入れ合戦
  • 長い棒を親子で引っ張り、綱引き大会
  • 長い棒を輪っかにして、ハンドルに見立てて運転ごっこ
  • 新聞紙を半分に折って真ん中を切り取り、新聞紙で洋服作り
  • 新聞紙を細かくちぎって、新聞紙お風呂

新聞紙遊びって工夫しだいで色々な遊びができますし、大人もやってみると結構楽しいですよ。

でも、新聞紙遊びの後は手が黒くなっているかもしれませんので、終わった後はよく手を洗いましょうね~。

スポンサーリンク

0歳児1歳児の室内遊び風船は?

子どもは風船が大好きです。

風船が部屋にあると、部屋の中も色とりどりで明るくなっていいですね。

まずは普通に

風船を膨らませて、風船を叩いたり、追いかけたりします。

赤ちゃんなどは、風船をカミカミして遊んだりしますので、割れないか、危なくないかをよく見てあげて下さいね。

次に風船を膨らませたら風船の口を縛らずに手を放して、空気を抜いて風船を飛ばして遊ぶと盛り上がります。
でもこれ、風船からつばが飛び散ったりするので、お部屋が汚れるのイヤ~とか、汚いな~と思う方はやらないでくださいね。

風船遊びに飽きて来たら、風船にマジックを使って子供の好きな物の絵を描いてあげると喜びます。

アンパンマンシリーズや、定番の犬や猫。他には電車やバス等が好きな子どもには、乗り物の絵などもきっと喜びますよ。

風船はないよ!お家には、代用品としてビニール袋を使うと良いですよ。

袋の中に空気を入れて、口は堅く結んで下さいね。

結構風船と同じようにふわふわと飛んでくれるので、楽しく遊べます。

しかも透明で中が見えるので、袋の中にちぎった折り紙などをほんの少しだけ混ぜるときれいです。

室内遊び最後に

子供の笑い声って、その場の雰囲気を明るくしてくれます。

時には「ケラケラ」と、大声を立てて笑ってくれると、こちらまで楽しい気持ちになりますね。

赤ちゃんの笑い声、本当に癒されます(*´▽`*)

ぜひぜひ、今日やる事ないな~という時にでも、親子一緒にスキンシップを取りながら遊んでみてくださいね。

あ、くれぐれもケガのないように注意して遊んでね~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする