赤ちゃんと新幹線に乗るコツは?帰省の持ち物やあると便利なグッズは?

赤ちゃんと初めて新幹線に乗らなければいけないとなると色々考えてしまい緊張しますね。

ずっとグズグズしていたらどうしよう。

おむつ替えや授乳はどうしたらいいの?

帰省っていったい何を持っていけばいいのだろうか?

新幹線にベビーカーは迷惑だろうか?

などなど、赤ちゃんや子供たちと一緒に慣れない新幹線に乗って、長距離を移動しなければならないとなると不安です。

もと保育士の私が赤ちゃんがグズグズした時のちょっとした対応方法や、旅行や実家への帰省などの時に知っていれば良かった事や、長距離移動のコツそして、帰省時に必要になった持ち物、あると便利なグッズなどを紹介していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんと新幹線に乗るときのコツとは?

赤ちゃんと一緒に新幹線などに乗る時に気になるのが、他の方に迷惑がかからないかどうかではないでしょうか?

私も自分の子供がまだ赤ちゃんの時に、新幹線や電車に乗る時には「赤ちゃんがうるさい!」って他の方に思われないように注意して乗っていました。

もし、赤ちゃんがうるさいって思われて、何か嫌な事を言われたりされても困りますから。

そんな、嫌な人ばかりではないと思うけれど、赤ちゃんと一緒の時にはやはり常に安全に過ごしたいと考えてしまいますよね。

今は自分の子供が大きくなったから思うのですが、電車の中で赤ちゃんが泣いていても「あ、泣いているな」とか「ママ大変そうだな」としか思いません。

だから、赤ちゃんが泣いていてつらい時も、敵ばかりではないと思い出して、なるべく他の方の嫌な目は気にせずにいきましょう!

さて、赤ちゃんと一緒に新幹線に乗る時に大事な事それは、指定席の予約をすることです。

新幹線なら自由席でいいじゃん!きっと座れるし。

って、思うかもしれません。

でも、何が起こるかわかりません。

子供と一緒の時には常に何かトラブルがあった時の事を考えて行動しないと、本当に思ってもいなかったトラブルがあるんですよね。

私にも経験があるのですが、トイレに荷物を置いてきてしまった( ゚Д゚)

とか

子供が急に吐いてしまったとか、うんちをもらしてしまった

とか、ゆるい便だと服に染みてしまい、それはそれは大惨事です。

新幹線や在来線が事故等で、止まってしまうことだってあるかもしれません。

ですので、帰省の予定日が確定したらすぐに新幹線の指定席を予約して、席の確保を忘れずにして当日は時間に余裕をもって行動することを心がけましょう。

そしてこの予約時に電話や駅の窓口ならば、赤ちゃん連れという事を伝えて、ベビーカーなどの大きい荷物がある事、そして授乳するかもしれないので出来れば多目的室のそばが良いと伝えましょう。

また、赤ちゃんのおむつ替えには、おむつ替えの出来るトイレが必要になりますので、そのこともしっかりと伝えて取れる限り一番良い席を確保してもらいましょう。

赤ちゃん連れの新幹線は11号車がいいと、よく言われています。

なぜならベビーカーがそのまま置ける席があったり、多目的室に近いという利点があるからです。

しかし、ベビーカーがそのまま置ける座席というのは、元々は車いすなどの身体の不自由な方の席という事で、当日までその席が空いているかどうかがわかりません。

もしも、空いている場合はベビーカーが置けるので、赤ちゃんもそのままベビーカーで眠る事ができるので、長時間過ごすにはとても過ごしやすい席という事になります。

しかし、ベビーカーは新幹線の中では大きい荷物となってしまい、他の方々の迷惑になってしまう事もありますね。

ですので、ベビーカーは使用しない時にはたたんで置くことになるとおもいます。

たたんでコンパクトになったベビーカーは、車両の一番後ろの席に大きな荷物などを置ける場所があり、ベビーカー等も置けるようなスペースがあります。

そのスペースにベビーカーは置いておきましょう。

もしもすでにいっぱいで置けなかった時には、乗務員さんにデッキなどに置かせてもらうように伝えましょう。

そして多目的室は、身体の不自由な方優先の部屋なので、多目的室が空いている場合は赤ちゃんの授乳にも使う事ができるようです。

しかし、多目的室を使用したい時には乗務員さんに「使いたい」と言わないと使えないので、急ぎの時や乗務員さんが見つからないときには使う事が出来ないというデメリットもあります。

ですのね常に、多目的室が使えなかった時にはどこで授乳をしたらいいのか?などを検討しておくと良いですね。

もしもの緊急時には授乳用のケープやバスタオルなどを利用してデッキなどでの授乳となるかもしれません。

そのような時の為に授乳用ケープなどを持っていると便利ですね。

それでは次に持ち物や新幹線内で赤ちゃんが泣いてしまった時の対応方法や、注意したほうがいい事などをみていきましょう。

赤ちゃんと帰省・持ち物リスト!新幹線で注意すること

新幹線移動となると荷物が大変です。

極力最小限におさえたいですね。

帰省するのであれば、帰省先で買えるものは持っていかず着いてから購入できるものは購入するようにした方が楽です。

もしくは、大きな荷物は先に宅急便で送ってしまいましょう!

宅急便ならば、バスグッズや布団、洋服などの大きな荷物も送れますね。

あ、でも洋服などは必要最低限でも良かったという話はよく聞きます。

なぜなら帰省先でじじ、ばばに買ってもらった!という事ですね。

もし、買ってもらえる感じがある時には(わからないかもしれませんが(^^♪)あまり赤ちゃんの洋服はいらないですね。

実家の様子次第で現地で買うもの、家から送る物、そして手荷物で持っていく物などよく考えて荷造りをしていきましょう。

帰省するときの荷物は何?

★=現地調達できないか検討する荷物です。

★おむつ

5,6枚は手荷物カバンに入れて置き、すぐにとり出せる場所に置いておく

★おしりふき・ウエットティッシュ

おしりだけではなく、口や手、椅子や洋服などの色々な場所を汚した時に、さっと拭くことできるので、もっていると非常に便利です。
いや、持っていないとかなり不便ですね。

★ビニール袋

子供が吐いた時や、使用済みのおむつを入れるのにもつかいますので、すぐに取り出せる場所に置いておく必要があります。とにかくビニール袋は何枚あっても使えますね。

おもちゃや・本・シール

子供が落ち着く遊び道具は絶対に必要です。安心できるものはすぐに取り出せる場所に置いておきましょう。お手軽に遊べる遊びを少し紹介します。

  • シール貼りが出来るのであればノートとシールを持っていくと時間がかせげますね。
  • 梱包材などのプチプチは触ってあそべます。

雨の日の室内遊び0歳児・1歳児保育園でも使える手作りおもちゃ

抱っこひも

眠くてグズグズした時などずっと抱っこだと腕も疲れてしまいます。
抱っこひもはもしかしたら使わないかもしれないけれど、あるといざという時に便利です。

バスタオル・ハンドタオル

夏は特に冷房が効いていると車内が寒い場合があります。
冬も少し肌寒い時にバスタオルがあるとおくるみに利用できますね。
また、少しおむつ替えのシーツがすぐに取り出せない場合の緊急時には、床にバスタオルを敷けばおむつ替えシートとして利用できます。
バスタオルは1本持っていると、授乳時にも隠すことができるので便利ですね。

ハンドタオルは少し多めに持っていくと、夏など気温が熱い時には濡らして汗も拭けますし、口の汚れも拭けるので必需品です。

授乳ケープ

私は授乳ケープを買わずに過ごしたのですが、やっぱりあったら良かったな~と思います。
なくてもタオル等で代用出来るとおもいますが、あると便利ですよね。

ミルク・哺乳瓶・お湯

車内にお湯の用意はないようですが、東海道新幹線では水を持参すればレンジで温めてもらえる事もあるようです。でも、いちいち忙しそうな乗務員さんにお願いするのもちょっと・・・お湯は少しポットに入れて持っていきましょう。

哺乳瓶の消毒用品

忘れがちなのが、哺乳瓶の消毒用品。持っていかなかった時には、昔ながらの熱湯消毒でもいいのでしょうが、普段やっていない事をやるのはおっくうです。持っていくと便利ですね。

スポンサーリンク

除菌ジェル

保育士として赤ちゃんのおむつ替えをしている時に、よく手にうんちが付いてしまう事あるんですよね。洗えばいいのですが、やはり除菌もしたい。除菌ジェルはなくても何とかなりますが、もっていると安心です。

おやつ・飲み物・食事(離乳食)

機嫌が悪くなってきた時に、ぱっと口に入れられるものが必要です。お菓子は鞄や洋服などの色々な場所に仕込んでおけば、探す手間なくすぐに取り出すことができるので、荷物が多いママにはお菓子の分散方法おすすめです。飲み物は麦茶などが必須ですね。食事も1回パックになっているものを持参しましょう。

着替え(赤ちゃん用・大人用)

赤ちゃんが急に吐くことや、おむつを履いていても横から漏れてしまい、親子共々服を汚してしまう事ってよくあります。そんな時のためにすぐに着替えられるように用意しておくことが大事。大人も上下1セットの予備があると安心です。

おむつ替えシート

新幹線の中には車いす用のトイレがあるので、そこでおむつ替えができるのですが、おむつがえシートを持っていた方が安心ではありますね。

母子手帳・保険証・乳幼児医療証

もしもの体調不良の時に必要になります。忘れると後で手間になるので持っていきましょう。

★ジップロック

ジップロックのような密閉出来る袋があると旅行などの長時間移動の時には非常に便利です。
食べかけのお菓子を入れてもいいし、使用後のおむつを入れれば臭いも漏れません。逆にきれいにしておきたい物をジップロックの中に入れてしまって置けば安心です。

★雨具

出かけた時には晴れていたのに、長時間移動してきたら雨が降っていた。荷物も多いのにどうしようとなってしまいます。基本的にどこでも傘は買えますので、現地調達でもいいのですが、赤ちゃん連れの時には念には念を入れて雨具の1つくらいは、そっとカバンにしのばせておくと出来るママ(^^♪な感じ!

★日焼け止めなど

夏には必要です。赤ちゃんにもぬれる日焼け止めだったり、日傘だったり、帽子だったり、赤ちゃん又は自分を日差しから守る物を持っていきましょう。

★冷却シート

真夏にあると便利な物です。コンクリートの照り返しはかなり暑いから、少しでも涼しくして守ってあげたいですね。

★虫よけスプレー

忘れがちですが結構大事です。蚊に刺されてしまい、赤くはれあがっていしまい、ずっと気にしてかいている子よくいます。よくならずに、かきむしってしまい、とびひになってしまってずっと痒いままになる子もいるので気を付けてあげるといいですね。虫に刺されたあとに塗るクスリもあると良いしょう。

じじやばばへのお土産!

お菓子のほかに赤ちゃんの写真や動画を持っていくと喜ばれます。ママは毎日可愛い姿をみているからいいけれど、日々成長してしまう赤ちゃんをもっと詳しく見たい!って思うはずです。可愛い姿をぜひぜひいっぱい写真に印刷、もしくは冊子にしてプレゼントすると絶対に喜んでくれます!

写真を持っていくならば、一緒にフォトフレームも持っていくといいですよ~(#^.^#)

新幹線に乗る場合に注意することは?

時間には余裕をもって駅に行き、新幹線に乗る前には駅で赤ちゃんのおむつ替えして、授乳を済ませてから乗るといいですね。

そして、一番いいのは新幹線の中で寝てくれる事。

赤ちゃんの毎日の生活リズムに合わせて、昼寝の時間に新幹線の予約しておけば上手くいきますね。
ちょっとの工夫ですが、もし時間が許せる範囲ならばこの方法も検討してみてくださいね。

赤ちゃんがグズグズした時の対処方法

保育士として赤ちゃんを見ていると、やはり赤ちゃんが泣くには理由があります。

とにかく赤ちゃんが泣いている理由を必死に考えて、原因を取り除く!結局はこれですよね。

赤ちゃんの泣く理由あるある

  • お腹がすいている
  • ねむい
  • おむつが汚れて気持ち悪い
  • どこか痛い
  • 具合がわるいのかな?顔色は大丈夫かな?熱はないよね?
  • 耳が痛いのかな?赤ちゃんに限らず新幹線移動では大人でも耳の中が痛くなることありますね。新幹線のトンネル通過で気圧の変化耳が痛くなる事もあるようで、そんな時には授乳や飲み物を飲ませて様子をみていきます。すると耳抜きが出来る事が多いようです。
  • 退屈・あきた・動きたい
    歩けるようになってきた赤ちゃんはじっとしているのが苦痛になっているのかも?
    そんな時にはデッキにでて、少し歩く練習をしたり一緒に手遊びをしたりと、赤ちゃんの気持ちを違う事に向けるようにしてあげるといいですよ。

よく、保育士も泣いている赤ちゃんには、わざと気持ちをそらす事をして、なぜ泣いていたかを忘れさせる事をしています。

例えば抱っこしながら、赤ちゃんの髪の毛に息を「フー」と吹きかけて髪の毛を動かしてあそんだり、景色の話をしてみたり、とにかく何で泣いていたんだろう?というように泣いていた気持ちを変えるという事が大事。

適度に気分転換をさせながら、遊んで泣き止むように気分転換をしていきましょう。

でも、大体は眠くてぐずることが多いのではないでしょうか?

そんな時には抱っこで安心すると、すーと寝てしまうかも。

赤ちゃんが泣く理由をとにかく一生懸命に考えて、それを取り除けば解決するので、焦らずにいきましょう!

赤ちゃんと新幹線に乗る時に使える便利グッズ!

<絵本>

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 あす楽対応 「だるまさん」シリーズ 3冊ケース入り
価格:2805円(税込、送料無料) (2019/12/6時点)

楽天で購入

なぜか赤ちゃんはみんなこの「だるまさん」シリーズが大好きなです。小さい絵本だから持ち運びもしやすいのでおすすめです。

<ミルクケース>

哺乳瓶と粉ミルク1回分を用意できるセットなので、旅行時には最適です。ミルクの荷物をひとまとめに出来るのでいいですね。

<おむつ替えシート 使い捨て>

使い捨てのおむつ替えシートを持っていけば、その都度捨てることが出来るので便利です。

<消臭ポーチ>

おむつ替えの時の嫌な臭いにさようなら。消臭ポーチに入れておけば鞄の中にいやな臭いが映らないので良いですね。

<授乳ケープ>

私は使わずに過ごしたのですが、授乳ケープを持っていればもっと快適に赤ちゃんとの時間を過ごすことが出来たなぁと思います。1枚持っていると安心です。

まとめ

  • 必ず新幹線の席は赤ちゃんの生活リズムに合わせて予約をしよう
  • 時間に余裕をもって行動をしよう
  • 荷物は最小限に抑えて現地調達や宅配で送る事もかんがえよう
  • 帰省先のじじ、ばばに喜んでもらえるように写真や動画を用意しておこう
  • 赤ちゃんが泣いた時には理由を考えて取り除きましょう

新幹線では楽しい旅行になるといいですね。

気を付けていってらっしゃ~い!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする