蚊に刺され対策子どもが刺された時の対処と刺されない対策

だんだんと暖かくなってくると、色々な花や虫が見られるようになってきます。

我が家ではもう、夜に耳元で「プーン」とあの嫌な羽音が・・・。

子どもが蚊のアレルギーでを持っていて、刺されると毎年真っ赤に腫れ上がり、かきむしり
水ぶくれになってしまいます。

どうにか、少しでも蚊に刺されにくくする方法はないのでしょうか?

スポンサーリンク

蚊に刺されやすい子供の対策

子供が外から遊んで帰って来ると、1度に10か所以上刺されて帰って来た時がありました。

「なんで、蚊が出るところに遊びに行くの!」

「蚊に刺されると掻きむしって大変だよね!?」

と怒りがこみあげてくるのですが、子供ですからもちろん遊び優先です。
面白そうな場所には、蚊がいるものです。

刺された当日の痒みはすぐに治まるのですが、翌日になると赤く腫れ上がる遅延型反応タイプ
で翌日から、かきむしり、寝ている時にも「ガリガリ」と、かきむしるが聞こえてきます。

<そこで、私が行った子供への蚊の対策>

長袖、長ズボン・・・暑いと嫌がり着てくれず。ならば虫よけ効果ありのレギンスという
物が!しかし生地が薄く、レギンスの上から容赦なく刺されました。

黒い服は着ない・・・蚊は黒を好んで刺すらしい。なるべく黒以外を着る。

虫刺よけシール・・・靴下や袖、首周りなどに貼るがあまり効果は分からず。
しかもそのまま洗濯をしてしまうのでやめました。

虫よけオーガニックスプレー・・・良いに香りで本人も気に入り使用。しかし長時間の効果
は薄い感じでしたが、ある程度の効果はあると思いました。

虫よけリング・・・手足につけたがつけたが、リングのすぐ横も刺されてしまった。

足の裏をよく洗う・・・足の裏の除菌する事によって蚊がこなくなるらしい。
効果は分からなかった。

最終的には、シール、リング、スプレーをTPOに合わせて同時に使用して効果UP。
また、オーガニックではない一般的な虫よけスプレーを直接体に(抵抗はあったが)使用する事で、効果がみられた。

蚊に刺された時には

まずは、何か所も蚊に刺されてしまった時には、すぐに冷やす事でかゆみを抑えます。

何か所も刺されて痒がっている時には、そのままお風呂へ直行して、シャワーをかけて冷やしていました。

でもすぐに冷やしても、翌日には赤く腫れ上がるので、前もって皮膚科で塗り薬を出してもらっていました。

それは、近所の皮膚科では「虫セット」といい、蚊に刺された時にすぐに塗る薬、そして時間
がたった後に塗る薬の2種類があり、それらの塗り薬を塗っていたのですが、子どもはかゆがってしまい、あまり効果が見られないように感じましたが、とにかく痒い時には塗っていました。

ところがある日、皮膚科の薬がなく仕方なく、家にあったキンカンを塗ったところ、「スース―して気持ちがいい」と言い、自分から痒くなるとしっかりと塗りこみ、自分で気に入って使う事により、気持ちの面で満足できていたようでした。

どれも効果を得るためには、自分でしっかりと塗るという事が大事なようです。

また、小さい頃はどうしても掻きむしってしまうので、虫刺されパッチを貼っていましたが
こちらも、少しだけスーっとする効果があるようでしたが、パッチの中で水ぶくれが出来きてしまい、使用を断念しました。

蚊に刺されないように対策を

一番の対策は、蚊に刺されないようにする事が大事です。

スポンサーリンク

外ではもちろんですが、結構家の中でも刺されることが多いので、蚊が家の中に入らないように対策をする事が大事です。

私は電気の虫よけマットを使用したり、蚊取り線香を使用したりと色々試しましたが、どうしても蚊が家の中に入り込みます。

また、家の周りも水たまりがないか、点検。
少しの水でも蚊のもととなるボウフラが発生しないように、気を付けました。

それでも、夜中に蚊が出るのです。

「プーン。もー!なんで・・・」

そこで、私は最終的に蚊帳を購入。

今は、ワンタッチで開くテントタイプがあるので、そちらを購入。

ワンタッチテントの蚊帳を使用してからは、夜中に蚊に悩まされる事も少なくなくなりました。でもちょっとした隙間から時々蚊が入ってくる時があったので、隙間注意です!

小さい赤ちゃんがいる家庭や、我が家のように対策をとっても蚊が出る家庭には、ぜひ蚊帳をオススメします。

まとめ

蚊に刺されて、痒がっている姿は可哀想です。

まずは、家の周りにボウフラが発生するような、水たまりをなくすようにして、家の中に蚊が入り込まないように玄関に蚊取り線香などで、対策を!

また、虫よけ対策を2重、3重で実施。

それでも、蚊に刺されてしまった時には、なるべくすぐに冷やして痒みをおさえるようにしてあげましょう。

また、症状がひどくなってしまった時には、病院で医師に診断をしてもらう事をオススメします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする