浴衣選びのポイント!浴衣の色や柄身丈もよくみて考て!


「今年の花火大会には、浴衣を着ていきないなぁ」

と考えているあなた!

では、どんな浴衣をえらびましょうか?

見た目がかわいいのが1番?
それとも、彼が気に入った柄がいい?

着付けの免許を持っている私が、浴衣を買う時に「自分で選ぶなら」を基準にしてみました。

浴衣を買う時にはいろいろな点を確認してから、お気に入りの1枚を選んで、何度も着てあげましょうね。

スポンサーリンク

浴衣を選ぶ時の注意点

浴衣は、洋服と違って体に対しての面積が広く、その人の印象がガラリと変わります。急に「大人っぽく見える」

「あれ、いつもよりステキ」とか

「あれ、この子普段はもっと可愛いはずなのに・・・。」

なんて事も正直あります。

何色の生地、何の柄?小物は?

こだわり出すときりがなく、和装の世界って奥深く、だんだんと楽しくなってきますよ。

浴衣の生地は、もちろん暑い時期に着る物なので薄いです。

そこで、薄くて白っぽい生地のものだと、着た時に透けて見える可能性があり、たまに透けた浴衣を着て、七夕祭りや花火大会でみかける事がありますが

「あーあ、ステキな浴衣を着ているのになぁ」と、残念な気持ちになります。

このような事にならないように、透けるような薄い白地の生地の物なら、浴衣の中に着る専用の和装下着を着用しましょう。

この和装下着は汗取りの役目もしますので「透ける生地ではない」という方にも私はオススメします。

持っていない方は、タンクトップやキャミソール、スパッツなどで代用可能ですので、浴衣を着る時の下着として必ず中に1枚着ましょう。

<私が感じた浴衣地色による印象の違い>

白っぽい浴衣・・・選ぶ帯で印象がかなり変わり、かわいい印象にも、色っぽい印象にもなれる色。似合うと本当に素敵。自分も着たいが透けや汚れが怖い。

鮮やかな青い浴衣・・・涼しげな印象だけれども、元気な雰囲気に。

黒っぽい浴衣・・・大人っぽっくクールな印象に。昼間に着ると暑苦しい印象もある?

紺色・・・定番で人気色。

ピンク・・・かわいい。若い時のみかな。

やはり、攻めるのであったら、ピンクか白でしょうか。でも、親としてなら自分の子供には

古典的で汚れも目立たず長く着れそうな、紺色の浴衣をススメてしまうかもです。

浴衣選びの柄と色

一般的に体型によって似合う柄や似合わない柄があるといわれています。

小柄な方は、大きい柄だとおはしょりの中に柄が入り込むことがあるので、小さめの柄を選ぶと体型とのバランスがGoodです。

背の高い方は、比較的に色柄を選ばないが、小さい柄だとメリハリがなく背の高さが目立つ場合があるので避けた方が良い。

ふくよかさんには、縦に流れるような柄(ストライプ等)や濃い目の色のものがスッキリと見えます。

すっきりさんには、色の濃いものよりも、暖色系の方が女性らしさが出てGoodでしょう。

浴衣選びの身丈について

さて、ここまでは浴衣の色や柄を選んできましたが、最終的には身丈(みたけ)が合わないと着れません。

自分に合わせて作ってもらうなら、身丈もバッチリでしょうが、既製品となるとなかなか

スポンサーリンク

ピッタリサイズにはなりません。

身丈は、だいたい自分の身長くらいの物を購入すれば大丈夫ですが、細身の方はおはしょりを出す時に、生地が余りすぎてお腹まわりがボコボコと、かなりもたついてしまうかもしれません。

浴衣を買う時には、出来れば一度袖を通して確認してから購入する事が重要です。

でもそれが無理な時には、おはしょりで調整できるので、自分の身長 + マイナス10cmくらいまではだいたい着る事が出来ます。

あと、裄丈(ゆきたけ)が重要で、裄丈は腕の長さになります。

身丈は、おはしょりで調整可能ですが、裄丈は調整できませんので、袖が長すぎたり、短すぎたりでもかっこ悪いので、一度自分の裄丈を測ってから買いに行くと良いとおもいます。

基本、身丈は足のくるぶしが見えるくらいで、下駄とのバランスをみて調整して下さい。

まとめ

浴衣を選ぶ時には、自分の体型を考えて色や柄を選ぶとより素敵に見えます。
また、浴衣の下には和装下着やタオルでの補正をしましょう。これにより着崩れを防ぎ、汗を吸い取る役割をはたします。

浴衣は全身のバランスが大事ですので、全身をよく確認しながら丈や、髪型、メイクを決めて楽しんで下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする