母の日のプレゼント私が70代の母に送って喜ばれたベスト3!


もうすぐ母の日ですね。

「ありがとう」と、言葉にするのは恥ずかしいので
気持ちだけでも伝えい。

そして母の日のプレゼントを感謝の気持ちを込めて渡したい。。。

しかしなんで、母親に「ありがとう♡」と言うのはずかしいのでしょうね。

今回は私が、70代の母に実際に贈って喜んだ母の日のプレゼントのベスト3を紹介します。

母の日のプレゼント70代の母が喜んだベスト3

「母の日のプレゼント何が欲しい」

と聞いても「何も欲しい物はない、いらない」という母。さて、何をあげましょう。

3位:やっぱり花。でも、手入れ方法が案外難しい!?

お花屋さんに行くと、花がいっぱい置いてあって何を買ったらいいの?

と迷ってしまいますね。

私はだいたい、3000~4000円くらいの鉢植えの花を買っています。

切り花をあげた時には「水替えするのがねぇ~(面倒だ)」と、言っていたし

アレンジメントの花をあげた時には、「花が終わった時のスポンジの処理やカゴが結構後々邪魔になるのよねぇ~」と、言っていた事があったので、毎年鉢植えの花を選んでいました。

・カーネーション

・バラ

・あじさい

・ポットの花を少しずつ入れたアレンジの物。

毎年、花の種類をかえて花プラス和菓子などをプレゼントしていました。

カーネーションは2週間くらいは余裕で咲いており、色も華やかで見ていても心弾みます。でも少し時間がたつと、枯れた花がどんどんと出てくるので、まめに枯れた花をカットしなければならずそれでも、だんだんと茎のみとなり、キレイに咲いていたのは7日~10日くらいでした。

バラは、小さいバラがいっぱいついているタイプの物をおくったのですが、虫がつくようになりましたが、こちらも2週間程度は鑑賞できました。

あじさいはどうやら手入れが難しかったのか、2,3日でに元気がなくなってしまい、花は咲いているのに茎が曲がってしまい、1週間くらいで駄目になってしまっていました。

鉢植えの花はボリュームがあって、長く楽しめるのがメリットです。ですが、花は生きているので、お手入れをしなければならないので、手入れが出来ない方には難しいですね。

そんなちょっとずぼらタイプの方向けに最近はソープフラワーなるものがあります。

こちらは花びらが石鹸で出来ているので枯れません!ということは、手入れがいりません!

ほのかに石鹸アロマが香ります。

カラーは全部で6種類あるので、母の好きそうな色のお花を選んであげられますね。

 母の日のプレゼント70代の母が喜んだベスト2

2位:うなぎの出前

70代も後半になってきた母は、だんだんと外出するのがおっくうに。

以前に行きたいと言っていた所があったので

「一緒に行こう」

と誘っても

「行かない」という母。

さみしいですね。

花はきれいだけれども、手入れをしなければならず「花の水替えも面倒くさい母には向かないと」とさとり、それならば「消えてなくなる物!」と思い、母の好きな食べ物で攻めました!

そこで「ウナギのかば焼き」を出前でとって家族みんなでお祝いしながら食べました。

これは、大ヒット!

食べて無くなるので、手入れもいらずに、美味しいものが出掛けないで食べれる!

母にとっては、良かったようです。

それに、おこぼれで、父もうなぎを食べれて大満足でした。

出掛けるのが嫌などの面倒くさがりなタイプにはオススメです。

母の日のプレゼント70代の母が喜んだベスト1

1位:沖縄旅行

これは、母の日と誕生日をミックスしたプレゼントでした。

出掛けるのがおっくうな母が、テレビの沖縄旅行特集を見ていて

「死ぬ前に一度沖縄に行ってみたい」と、呟いていたので( ゚Д゚)

それならば、「元気なうちに連れて行ってあげるわぁ!」という事になり、頑張ってふんぱつして沖縄旅行に連れて行きました!

沖縄ではほぼホテル周辺で過ごし、ラウンジでケーキやお酒を飲んで、ゆったりまったして過ごし、たまにホテルのプライベートビーチを散歩したり、お土産を買ったりと、ゆったりとそして、のんび~りと過ごしました。

でもそんな70代の母も1度だけ冒険で、バナナボートにチャレンジ。

元気な母がみれて、家族の良い思い出になりました。

旅行は少し金額が張る為、何度も無理ですが、体が動くうちに行って喜んでくれたので
子どもとして、少しは感謝の気持ちがつたわったかなぁ?とおもいます。

まとめ

70代になると、だんだんと色々な変化を受け入れる事が嫌になってきている母。

元気なうちに、旅行や温泉などにも連れて行ってあげたい。

母の日のプレゼント選びは、母の性格や趣味によるところが大きいですが、花や食べ物、日常品で自分では買わない少し高価な物などを選ぶと、よろこばれますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする