潮干狩り初めての持ち物と服装は?あさりの持ち帰り方法

だんだんと暖かくなり潮干狩りのシーズンになりました。

前から興味のあった潮干狩り。

この時期にしかできないので

「一度は行ってみたいなぁ・・・」

とは思うけれども、潮干狩りは用意が大変そうだなぁ。

潮干狩りに行く時には、何が必要になるのでしょうか?

スポンサーリンク

潮干狩り初めて!必道具はなにが必要か?

潮干狩りに行くには、色々と用意が必要になります。

道具を貸出をしてくれる所や、現地のお店で売っている事もあるのですが、数に限りがあるので持参していきましょう。

<潮干狩りに必要な道具>

・汚れても良い靴又は靴下(靴、靴下のまま海に入る)

・ゴム手袋(あるとよい)

・熊手(砂をかき分ける物、場所によっては幅15cm以下のものというルールがある所も)

・スコップ(穴を掘るため 小型でOK )

・ザル もしくは 網 があると便利(取った貝を一時的に保管)

・バケツ

・クーラーボックス(貝 持ち帰り用)

・海水を入れる空のペットボトル(あさりの砂出し用の海水持って帰る)

・凍らせたペットボトル(あさり持ち帰り時に使用)

・帽子

・サングラス

・日焼け止め

・タオル

・おしぼり(あるとよい)

・着替え

・ビニール袋(汚れ物を入れる大きな物)

・保冷材(あさり持ち帰り時の水温調整や自分の暑さ対策に使用)

・絆創膏(念のため)

潮干狩りは場所によっては、このようなルールがある所もあります。確認をしてから行きましょう。

2cm以下のアサリは採集しない。採取は1日1人2kgまで。道具はクマデ(幅15cm以下のもの)

初めての潮干狩り服装は

服装は、天候にもよりますが、海の中ですので日陰がありません。

帽子と日焼け対策で長袖シャツと、すそが濡れない丈のズボンが良いでしょう。

また首の後ろが暑くなり焼けるので、見た目はかなり悪くなりますが、日焼け防止と汗対策で首にタオルをするといいですね。

靴はサンダルもしくは、ビーチサンダルだと砂に足を取られて歩きずらいので、素足に靴もしくは、厚手の靴下で海に入りましょう。

サングラスが有ると目が痛くならずにいいです。

もしも、寒かった時や急な雨に備えて、予備で車に上着やカッパを置いておくと良いです。

潮干狩り初めて採ったあさりの持ち帰り方法

①あさりをよく真水で洗いぬめりを取ります。

②クーラーボックスにあさりが隠れるほどの海水をいれます。その際下部に、潮干狩りで使用した網やザルを使い隙間をつくっておくと、砂抜きもできます。

③帰ってから砂出しをする。この時に使用する海水を、持参したペットボトルにくんでおく。

スポンサーリンク

貝は、採れた場所の海水が一番砂出しに適しているので、ペットボトルに海水をいれてかえりましょう。

海水がでる水道があればそちらを利用するとよいですね。

最後に

潮干狩りに行く時には、潮見表をよく確認して潮が引く時間に合せます。
なかでも大潮(満月と新月の前後)の日の干潮の2時間前くらいから干潮時までがベストタイミングになります。

よく、確認してから行きましょう。

また、潮干狩りシーズンは駐車場もすぐに満車になってしまう可能性があるので、朝早く行き駐車場を確保して、ベストタイムを待って潮干狩りに行くとよいです。

いっぱい採れるといいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする