お中元のお返しは必要?先方が喪中の時や品物は何を選ぶ?

贈り物が届くというのは嬉しい事ですが、

こちらでお中元の用意をしていなかった

方から、急にお中元が届いた時には、嬉しい反面

「お返しは、どうしたらいいのだろうか?」

と、悩んでしまう事もありますね。

スポンサーリンク

お中元のお返しは必要?

お中元やお歳暮は、日頃の感謝の気持ちを表すものなので、基本的にはお返しをする必要はありません。

しかし、頂いた物のお礼として、受け取った事を知らせるためにもなるべく早く、お礼状を出しましょう。

また、親しい間柄ならば電話でもかまいません。嬉しい気持ちをすぐに伝えましょう。

だだし、同じ立場の相手からお中元を頂いた場合には、すぐにこちらからもお中元を贈りましょう。

その時には、頂いた品物よりも高い物を送る事は失礼にあたりますので、贈られた物の、だいたい半額くらいから同額以下のものを選ぶようにします。

手紙の書き方はこちらの お中元のお礼にメールは有り?感謝の手紙の書き方 を参考にして下さいね。

喪中の時のお中元のお返しは?

お中元やお歳暮は、相手への感謝の気持ちを伝えるものなので、お祝いの贈答ではありませんので、相手が喪中であっても贈って差し支えはありません。

ただし、あまりおめでたい雰囲気の包装や、派手な包装はしないように気を付けましょう。

もちろん、自分が喪中の時に頂いたお中元やお歳暮も辞退する必要はありません。

ありがたく頂きましょう!

お中元のお返しの品物は?

お中元やお歳暮の品物選びには、毎年頭を悩ませます。

また、数が多いと大変な作業になりますね。

品物は、相手の家族構成を考慮して、子供がいる家庭なのか、大人だけなのか
甘いものが好きなのか、病気はしていなか、などなど色々あります。

一般的なお中元、お歳暮の品物としては、

  • 調味料
  • ビール
  • ジュース
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 洗剤

などの、どの家庭でも使われている食品や生活用品になります。相手を選ばず贈って喜ばれるものは、ビール券やギフト券などの金券です。

相手の好みが分かっていれば、それに合わせて特別な物を選ぶのも良いですね。

子どもの頃は、お中元の時期になると、

「あのおじちゃんはカルピスを毎年贈ってくれる良い人」とか

「こっちの、おうちは毎年大好きなハムを贈ってくれるよね」

などと、自分の好きな物を送ってくれると、大変うれしく覚えているものでした。

ですので、お中元やお歳暮に毎年同じものを贈るのも1つの方法です。

スポンサーリンク

相手から覚えて貰っていて、毎年あてにされ、重宝してもらえることでしょう。

お中元のお返しのまとめ

お中元は盆までに贈るしきたりなので、関東では6月末くらいから7月15日までまた、
月遅れの盆の習慣がある地域では7月下旬から8月15日までとされています。

お中元を頂いたら、すぐにお礼の手紙や電話で「ありがとう」や「うれしい」の気持ちを伝え
また立場が同じ場合にはすぐにお返しの品を贈りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする