原宿に小学生女の子の計画で親子2人初めて行ってきた体験談


小学校の高学年ともなると

「○○ちゃん原宿に行ってきたんだって~。いいなぁ~。」言ってくる娘。

「自分で企画して、行きたい場所や食べたいものを調べてごらん。それが出来るのならば、連れて行ってあげる。」と約束。

と、いう事で小学生の娘と母親の2人、娘の企画・計画で原宿を楽しんできました。

私も初めての原宿。

まずはハリネズミカフェへ行ってみました。

スポンサーリンク

原宿のハリネズミカフェへ行ったけれども

ハリネズミカフェは、テレビで見たようで行きたいと言いっていました。

どこにあるのか?

値段はいくらか?

どんな雰囲気の所か?

触れるのか?

などなど本人は熱心に色々調べていました。

当日は、11:30頃に原宿駅に到着

竹下通りとは反対の方向へ歩き1、2分で到着。

ハリネズミカフェはその日は12:00オープン予定。

ナビを見ながら歩いていると、すごい行列が・・・。
すると頭上の看板にハリネズミカフェの文字が。入ろうと近づくと、ハリネズミカフェに
入る為の行列がすでに20m近く出来ており、これは無理と判断。

「予約なしでは無理」でした。

「入りたかったね」

と、言いながらも子供が現実を知る良い機会になりました。

次回、行く機会が出来た時には、必ず予約を入れてから行ってみたいと思います。

原宿の竹下通りには、ハリネズミカフェの他にネコカフェ、豆しばカフェ、フクロウカフェなどがありました。

絶対に入りたい時にはよく調べて、予約できる所は予約してから行くようにすると、私達のような失敗はありませんね。

原宿ならばクレープとレインボーコットンキャンディ

 原宿が初めての私達は、ナビを頼りに行動します。一旦原宿駅方面に戻りその先にある竹下通りへ無事に到着。

お腹も空いてたので、希望の定番のクレープを2人で食べながら竹下通りを散策。でも、休日だったので物凄い人混みです。クレープを歩きながら食べるのも一苦労でした。

周りを見ながら歩いていると、レインボーの綿菓子を手に持っている人達を発見!

「お~これが例のレインボーコットンキャンディかぁ!」

このコットンキャンディも子供の企画に入っていました。早速お店に入ろうとしたのですが、買うためには待ち時間があり、しかも購入できる時間が3時間後~( ゚Д゚)

「ありえない」

綿菓子の原料は「ざらめ」。スーパーで安く売っていて家でもつくれます。
(我が家は小さい綿菓子を作る機械を持っています)

ここは

あきらめてもらおうとする母 VS 絶対に食べると譲らない娘。

にらみ合いが続きました。

が、ここで解決策が!

レインボーコットンキャンディが、お目当ての隣のお店でも売っている!?

しかも、15分くらいで買えます!・・・との事。

娘は食べれればOKだったので、こちらのお店に変更。

本当に15分くらい並んで買う事が出来ました。お店は違うのかもしれませんが、子供はレインボーコットンキャンディが無事に食べる事が出来て、私は待ち時間が無くて2人ともハッピーでした。

お店にこだわりがない方や、時間に制限がある方は、空いているお店を選ぶのも一つの方法だと思いますよ。

そして、このレインボーコットンキャンディはレギュラーサイズで購入したのですが、びっくりするくらいデカイ!しかも、作る所を目の前で見れるので、すごくテンションあがります。

原料は、ざらめだけのくせに、値段が高い!と思ったのですが、いざ目の前にすると、おばちゃんすら心がときめく可愛さ(笑)です。

スポンサーリンク

値段は少し高いと思いましたが、買って良かったな~と思ったのでした。

原宿から渋谷へ歩いて移動

本当だったら、レインボーコットンキャンディの後は、娘が自分で調べたパンケーキ屋さんへ行く予定だったのですが、なんせクレープ、綿菓子と甘いものを立て続けに食べたので、お腹が甘ったるくて、もう食べたい気持ちではありません。

そこで、計画を変更してこれからは

竹下通り → スクイーズのお店 → 色々な洋服屋 → 渋谷のスクランブル交差点

娘の希望を取り入れ、歩いて渋谷を目指す事にしました。

しかし、ここで事件が。

私のお腹が緊急事態に陥り、懸命にトイレを探す事に。

原宿って、トイレないです。

原宿の外れの方にいたので、ビルが無く小さなショプばかりです。それでも必死でトイレを探し、やっと見つけたビルに入ったのですが、女子トイレは長蛇の列。

これは、待てません。

他を必死で探しました。地獄。

が、ここでファミレス(天国~)を発見!どうにか危機を乗り越える事ができました。
本当にありがたかったです。

教訓:トイレは早め早めに行くようにしましょう。

そして、原宿~渋谷間ですが、山手線で1駅分なのですが、かなり距離ありました。

少しおしゃれ靴を履いていたので、足にガタがきたので途中でバス停を見付け、途中からバスに乗り渋谷まで行き、渋谷駅西口のバス停で降りて、念願のスクランブル交差点に行ってきました。私からしたら、ただの交差点に行きたいの?・・・ですが、子供の計画でしたので一緒にクランブル交差点を何度も渡って楽しみました。

小学生の娘は、スクイーズを買っただけで、後は何も買い物はしなかったのですが、自分で計画を立てて実行した事で、とても満足してくれていました。

原宿まとめ

今回は親子共々初めての原宿で、小学生の娘に企画を任せてみました。計画は途中で変更になりましたが、自分の計画で行動するという経験は、非常に良かったと思います。

予約をしないと入れないと言う事もわかったし、お目当てのパンケーキ屋さんは歩くとかなり遠いという事や、レインボーコットンキャンディが思っていたものより大きくってビックリしたなど、色々な経験が出来ました。

私も、子供の企画に付き合いながら、初めての原宿をいっぱい楽しみ、また、トイレが無いというハプニングも無事に乗り越える事が出来きました。

注意:原宿にはトイレが少ない。トイレに行ける時には行っておきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする