夏バテのパパの体に梅効果!豚肉料理で食欲回復メニュー


毎日暑い日が続くと食欲がなくなりますね。

夏バテには、昔からウナギや梅干しがいいと聞くけれど

ウナギは、高いから絶対に無理!

でも、梅干しならだいたい冷蔵庫に入っている。

夏バテに梅の効果はあるのでしょうか?

そんな疑問を解決しましょう。

スポンサーリンク

夏バテには梅の効果で食欲回復

夏バテは、夏の暑さのために、食欲が減退したり、冷たい水分の摂り過ぎで体調を崩してしまい、内臓の機能が低下してしまう症状を総称します。

ただでさえ、暑くて疲れやすい所に食が進まず、ついつい甘い水分ばかり飲んでしまい、いざ食事時になると、お腹が空かずに食事が喉を通らい・・・となってしまうのです。

私も、よく夏の間夏バテになってしまい、まったく食欲がない時がありました。食べたいものが見つからず、ゆいつ食べる事のできたスイカを食べて、過ごしていた時がありましたが、さすがに体に力が入らず体調が悪くなりました。

やぱり、色々な物を食べないと栄養が偏り、体に力が入りません。そして、お肌もカサカサで、毎日お腹の調子も悪い感じでした。

でも食欲が出ない時には食べられないから仕方がないですよね。

夏場は毎年そんなかんじで、食べれる物を食べて、夏バテと戦っていましたが、ある日お土産で梅干しを頂き、食欲はなかったのでしたが何となく美味しそうだったので食べて見ました。

「パク」

すると、美味しい!

「これなら食べれる~」と気づき、その時は美味しいくて甘くって、ふっくらとしたはちみつ梅干しを何個も食べてしまいました。もったいなかった・・・。
今では夏にはちみつ梅干しは必需品です。

実際に梅干しには、胃酸を調整する働きがあるので、食欲が減退する時に食べると胃腸に良いので仕事で疲れて帰ってきた、お父さんに梅を使った料理を出してあげるとピッタリです。

まずは、梅料理で夏バテのパパの食欲を回復をする事が大切ですね。

夏バテの体には梅と豚?

夏バテにはビタミンB1とB2とクエン酸をしっかりとって、疲れの元となる乳酸をどんどん消費して、エネルギーに代えていく事が効果的です。

ビタミンB1といえば豚肉です。

梅にはクエン酸が入っているので、クエン酸と豚肉を一緒に食べると夏バテにはとっても効果的です。

一緒に食べてみると豚肉に、サッパリとした梅味で、食欲なくて豚肉だけだと食べられないというお父さんも、サッパリとした味付けだと食べやすいのではないかと思います。

それにプラスして、ビタミンB2が豊富に入っている野菜を一緒に食べれば、夏バテ解消料理になりますので、食欲が無い時にはぜひ梅を試してみてくださいね。夏バテしやすい私も食べれたので、オススメです。

梅を使った簡単料理で夏バテ解消レシピ

豚しゃぶ

我が家では茹でキャベツや、茹でもやし、ブロッコリー、わかめなどをお皿に盛り付け
その上に、茹でた薄切りの豚肉をのせて、梅を叩いて梅肉にしたもの別に皿に置いて置き
自分で豚肉にのせて、お好みでポン酢や、ゴマのドレッシングなどをかけて食べます。

豚肉の野菜まき

豚肉を広げて塩コショウを軽くふり、梅を叩いて梅肉を作って肉の上にのせます。
その上に茹でた野菜(インゲン、ブロッコリー、ニンジン、アスパラガスなど)を置いて
肉と一緒に巻き巻きします。それをフライパンで焼いたら出来上がり。

スポンサーリンク

梅肉を作っておくと、何の料理にも合うので色々な料理に使えて便利です!

カリカリ梅が好きなパパには 梅じゃこふりかけ

じゃこをお鍋などでから煎りして、お酒・醤油・みりんで味つけしてアルコール分と水分をとばします。そこに刻んだ梅を入れさっと炒めたら出来上がり。

このふりかけがあれば、食欲がない日もご飯にパラリとかけてあげれば、食べやすくなります。また、この梅じゃこふりかけは、ご飯だけではなく生野菜サラダの上からパラリとかけると、栄養もUPして美味しくなって良いですよ。

色々な食べ方を考えて、食欲が回復するように工夫してみて下さいね。

まとめ

夏バテは、食欲が減退したり、冷たい水分の摂り過ぎで体調を崩してしまうという事なので、食欲が落ちないように夏バテに効果があると言われている梅を食べて、体調を整えるように心がけましょう。

また、梅に含まれているクエン酸は、ビタミンB1、ビタミンB2と一緒に食べると、夏バテ解消に効果的なので、ビタミンB1の豊富な豚肉を梅と一緒に食べると良いです。簡単に美味しく作れるのでオススメです。ぜひ試してみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする