元保育士が園で子供に読んだ絵本0~1歳の定番やオススメはこれ!


保育士として働いていた時には、赤ちゃんの0歳の時から、なるべく絵本を
たくさん読むようにしていました。

赤ちゃんに絵本を読んでも分からない?

いえいえ、そんな事ありません。

0歳から1歳近くになると、だんだんと絵本の楽しさが分かって、自分から好きな絵本読んで欲しいと、本を持ってくる子もいるんです。

そして、保育園ではみんなで一緒に絵本を読むと

みんなの笑い声で、さらに楽しくなるんです。

もちろん、ママやパパと二人っきりでの絵本も楽しいですね。

そんな保育園で、0歳1歳児に人気のあった絵本を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

元保育士がオススメする絵本0歳~1歳向け

0歳でも楽しめる絵本

だるまさんシリーズ!

これは3冊のシリーズものでそれぞれ1冊でも売っています。

この絵本は本当に子供達に大人気!

0歳児だとニコニコと笑顔で見ているのですが、1歳くらいになると絵本の中のだるまさんと同じ動きをして楽しみます。可愛いですよ~。

保育士も、だるまさんと一緒に ”どてっ” と転ぶと子供達に大うけです!

お母さんが絵本を読んであげる時にも”どてっ”をやってみると面白いですよ。

誰もが安心して楽しめる1冊です。

もこもこもこ

この絵本は、中を見ると不思議な感じで色づかいが独特で、すごく鮮やかな絵本です。でも、大人の私からすると「この絵本、面白いのかな?」と思いました。

でも、この「もこもこもこ」を読むと0歳~1歳半くらいの子供は釘づけになり見ています。なぜか赤ちゃんに大人気がある絵本なのです。

この本には、赤ちゃんにしか分からない”つぼ”があるのかな?

読む時には、赤ちゃんもママやパパと一緒に「もぐもぐもぐもぐ」と口をもぐもぐして、あげると、さらに喜びますし、赤ちゃんの言葉の練習にもなるのでおすすめです。

0歳絵本の定番はこれ

0歳児むけには、動物が出て来る絵本が目をひくようです。

あかちゃんあそびの絵本シリーズの中の1冊

いないいないばぁあそび

赤ちゃんは、いないいないばぁが大好きです。このシリーズの絵本は絵がとても可愛いので私は大好きです。見ているだけで、癒させる可愛さです。この絵本を使って、色々な動物になり「いないいないばぁ」とやると、あかちゃんもニコニコしてくれます。

ごあいさつあそび

この絵本は、赤ちゃん達に人気でよく読みました。

0歳も1歳近くになると、絵本と一緒にあいさつを真似してぺこりとお辞儀をしてくれて、挨拶の練習にもなるのですが、その頭をぺこりとする赤ちゃんの姿、それはそれは可愛いです!

1歳絵本のオススメ

やぱりこの絵本は外せません。定番中の定番

はらぺこあおむし
この絵本は、ほとんどの子供が大好き!
タマゴがだんだんと形を変えて、最後はちょうちょになる所で、本をちょうちょの羽がひらひらしているように、本をパタパタとさせて見せると、子供達は大興奮。

「うわぁ~」

とか

「キャー」

と、すごく嬉しそうな声が聞こえてきます。

でも、不思議なことに、絵が少し暗い感じがある為か?この絵本は

「こわい~」

「イヤー」

と、中には嫌がる子供もいました。でも、最初は怖がっていた子供も、何度も読んでいると、だんだんと慣れて、嫌がらなくなっていました。あまり絵本で「イヤー」となる事はないのですが、この、はらぺこあおむしは大人も子供も引き付ける、不思議な絵本だと思いました。

1歳の後半にもなると少し長い物語も、座って聞いてくれるようになります。

  • 赤ずきんちゃん
  • 3匹の子ブタ

なども人気でした。

後は

ばけたくんシリーズ  も人気でした。
ばけたくんのシリーズは、幼児さんクラスでも人気だったので、1冊持っているとお兄ちゃん、お姉ちゃんになった時までの長い期間、楽しめる絵本ですので、とても重宝します。

まとめ

保育園では、同じ絵本を繰り返して読んで聞かせていたので、だんたんと子供達も絵本の内容を覚えて、保育士が絵本を読むと一緒に声を出しながら絵本を楽しむようになってきます。

そして何度繰り返し読んでも、面白い絵本はいつも同じ所で大笑いしてくれます!

そんなに大笑いしてくれると、読み手も嬉しくなって、「もっともっといっぱい絵本を読んで喜ばしてあげたい!」という気持ちになります。

絵本は同じ本で良いので(親はあきてしまいますが)どんどん読んであげると、子供もとっても喜びます。

そして、たまにはパパにも子供を膝の上にのせて、絵本を読んでもらいましょうね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする