大磯ロングビーチ子連れの持ち物チェック!プールで子供の食事は?


夏になると子供達が毎年楽しみにしているプール!

だけど、子供連れだと用意が大変。

普段の外出だけでも、結構な荷物になるのにプールに入るとなると、荷物も倍増です。

そんなママの為にプールに行った時に必要になる物などをまとめました。

今回は、大磯ロングビーチで子供連れに必要な持ち物リストや、子供の食事はどうしたらいい?

そんな、疑問を持っている方に、大磯ロングビーチへ毎年行っているリピーターがおしえます!

スポンサーリンク

大磯ロングビーチに子連れに必要な持ち物は?

  • 水着・帽子・水中メガネ
  • ラッシュガード(なければパーカーやTシャツ)
  • 浮き輪類
  • ビーチサンダル
  • 日焼け止め
  • レジャーシート
  • バスタオル
  • お菓子
  • 飲み物(たっぷりと)
  • 水遊び用おむつたっぷり(必要な子供のみ)
  • 洗濯バサミ★
  • 首から下げる防水財布的なもの★
  • ベビーカー(持ち込み可)★
  • 持ち込みテント(テントはテントエリアのみ使用できます)

★はあると便利なものです。

ラッシュガード:小さい子供は水遊び中は夢中になって長い時間座り込んで遊び出す事が多いので、背中が焼けてしまいます。
ひどい日焼けをしてしまって、痛いと泣かれると大変なので、ラッシュガードは出来れば購入する事をオススメします。

ビーチサンダル等のサンダル類:必需品です。大磯ロングビーチは広いので、目的のプールに行くのにアツアツのコンクリートの上を、かなりの距離歩きます。そしてみんなプールサイドでサンダルを脱ぎ捨てて、流れるプールや波のプールに入ります。私は何度も大磯ロングビーチに行っていますが、サンダルを盗まれた事はありませんが、気になる方は盗まれても良いようなサンダルで行く方が良いでしょう。

日焼け止め:塗り直しが必要になります。

レジャーシート:テントやパラソルを借りる方は必要ないかもしれませんが、テントやパラソルを借りない方は日陰を探して座る為に必要になります。でも、日陰を確保する事はかなり朝早く行かないと難しいでしょう。

バスタオル:体を拭くことはもちろんですが、大磯ロングビーチは海沿いなので、海風が吹いて寒くなる事があるので、寒さ除けに使えます。そしてもう1点、パラソルを借りた時には日差し除けとして、パラソルに洗濯バサミを利用して取り付けます。体を拭く、寒さ除け、日差し除けと色々な用途に使えます!

水遊び用おむつ:大磯ロングビーチは、おむつの子供はおむつの上から水着着用です。足りなくなっても売店で買えますが高いです。念のためにたっぷりと持って来ましょう。

首から下げる防水財布的なもの:大磯ロングビーチは横に長く広いです。「ここで小銭があったら、今ポテトを買えるのに!」的な事がよくあります。

貴重品は基本的にロッカー(100円は戻りません)に入れるのが安心ですが、子供が急に

「お腹空いた!ポテト買って!」

「アイス食べたい」

これ絶対に言います!

その度に、自分達の場所に戻ってお金を持ってくるのって、炎天下の中かなりのダイエット企画的な苦しみです。小銭の持ち歩きは子供連れには絶対に必要ですね。

プールの持ち物で大磯ロングビーチに持込み不可な物

大磯ロングビーチでは、お弁当等の食べ物の持ち込みは「遠慮いただいております」となっています。でも、今まで食べ物を持ち込んで注意された事はありませんが、禁止なので出来るだけ大磯ロングビーチで購入して、食べるようにしましょうね!

飲み物は持ち込み可能ですが、瓶やガラスなどの容器は禁止ですのでご注意ください。

ビン・ガラス類、危険物、アルコール飲料、ガラス製水中めがね、ボディボード、足ひれ、シュノーケル、大規模な遊泳器具遊戯物の持ち込みは駄目です。

ビーチボールは禁止とは書かれてないし、使っている人を見るので大丈夫ですが、混雑時には迷惑かもしれません。そして、使わない時には空気を抜かないと、どこかに転がって行ってしまう事が・・・注意ですね。

アルコールはお店で売っています。たまにはパパも昼間から飲みたいかな?

でも、飲酒後の遊泳は禁止となっていますので、そこは夫婦で話し合いかな?

流れるプールでは、ビーチマット、ボート、シャチ、イルカ等の浮き具は使用OKですが、波のプールでは転倒、接触事故防止のため使用出来ません。残念。

大磯ロングビーチプールでの食事はどうする?

子供の食事ですが、基本的に食べ物の持ち込みは禁止ですが、子供の為のちょっとしたお菓子くらいならば、持ち込んでも注意される事はないとは思います。

子供はすぐに

「お腹空いた」

「いまお菓子食べたい」

と、なりますからね。

大磯ロングビーチは、マクドナルドの他、ピザ、うどん、ラーメン、クレープなど色々なお店が出店されているので、食べたい食べ物が売ってない・・・と言う事はまずありません。

でも、昼食時になるとみんな考える事はおなじで、人気の食べ物は長蛇の列になってしまい
すぐには買う事が出来ません。

昼食の時間を早める又は遅くするなどをしないと、食事を買うのに時間がかかってしまいます。また、お店の椅子も数席しかないので、ほとんどが自分たちの場所に持って帰っての食事になります。

麺類などを頼むと、自分たちの席まで運ぶのが大変です。その点はご注意ください!

でもでも、私のオススメは有名な「なんつッ亭」のラーメンです。(毎年出店されるかはわかりません)プールって意外と体が冷えるので暖かい食べ物が欲しくなるんです。そんな時のラーメン最高です。でも、なんつッ亭のラーメンは、波のプールの方(端の方です)にあって持ち運ぶのが大変。食べる場所がどうにかなるのならばオススメです。

大磯ロングビーチまとめ

子供と一緒のプール遊びは楽しいけれど、必ず目を離さず子供の側で一緒に遊んでくださいね。また、持参した浮き輪でも楽しいのですが、貸し出しのボートを借りてみんなで乗ると、もっと楽しいですよ!

大磯ロングビーチの中に入ってからも、食事代金や、ボート代金など細々とお金を使う事があるので、必要な金額をよく考えて、小銭を別に用意して持ち歩きましょう。

あと、大磯ロングビーチ内にある水着売り場は、意外と可愛い水着や大人や子供のラッシュガードが手頃価格で売っています。時期もあるのかもしれませんが、安い時があり、私は毎年子供の水着を安く買っています。ここの水着売り場、要チェックです。

最後に、子供の用意に夢中になってしまい、自分の用意を忘れてしまう事ありませんか?私たまに自分の持ち物忘れるんです・・・。自分の化粧品、化粧水、乳液なども忘れずに用意して行ってくださいね。

大磯ロングビーチや周辺観光のまとめ記事はこちら

スポンサーリンク