1歳の水遊び保育園で怖がる子供は手作り簡単玩具で一緒に遊ぼう!

暑い!そんな時の保育園での遊びはやっぱりお水遊びですね!

子供達も大好きな水遊び!

でも、なかには

「おみずキライ!」ウエ~ンと泣いてしまう子供もいますね。

そんな時には、手作り簡単水遊びおもちゃがあると、泣いている子供も泣き止むかも?

すぐに使える水遊びのアイディアや手作り玩具を、新人保育士さんにこっそり教えます!

スポンサーリンク

1歳児のお水遊び保育園で何をしよう?

1歳のお水遊びって何をして遊ばせていいのか、わからない?

でも、先輩保育士からお水遊びに使えるおもちゃ作って来てって言われたし・・・。

お水遊びって何をして遊んだらいいのだろう?

そんな疑問はありませんか?

1歳児はお水遊びと言ってもビニールプールに水をいっぱい張る訳ではありません。

タライや、バケツでも十分に楽しめますし、まずはお水に慣れて、楽しく涼しく遊びましょう!という感じですね。

ですので、子供達が座って水に触れて、水の感触を楽しむ事やお水の不思議な事などで興味を
持ってもらうと自然と楽しく遊べますね。

1歳のお水遊び怖がる子供は?

お水遊びが好きな子供、そして嫌いな子供もいます。

おみずあそびキライ!

ぬれるのイヤ!

という子供も中にはいるでしょう。

足や体に水が掛かっても大丈夫だけれど、顔にかかると大泣きしてしまう。

そんな時には無理せずに、子供のそばに寄り添ってなるべく水に慣れるまで側にいてあげると良いでしょう。

お水遊びも、何度か繰り返しやる事で子供達もだんだんと慣れてきます。

気が付くと、自分でバシャバシャと水が掛かるように遊んでいたり、お友だちとお水をかけて遊びあっていたりと、お水を楽しめるようになって来ている!

なんで事もよくあります。

お水遊びを嫌がる子供に、少しでも興味をもってもらえるように、まずはお水を使った遊びを一緒にするといいですよ。

スポンサーリンク

1歳児お水遊び手作り玩具やアイディア

まずは、水着で簡単に出来るお水遊び

★乳酸菌飲料などの小さいボトルの蓋に、食紅(なければ絵の具)を塗って置き、ペットボトルを振ると色水が出来る!

青や赤、黄色などをボトルの蓋に塗っておくと、色々な色ができあがるので、それを今度は、レンゲやスプーンを使って混ぜると、色が変化して楽しいですね。

たくさんペットボトルをカットしてテープを巻いたものや、豆腐の入れ物、果物が入っていた透明の容器など、身近な入れ物をたくさん用意しておくと、子供達は自分で使い方を考えだすのでビックリです。たくさんの容器の用意をして置きましょう。

<準備するもの>

  • ボトル
  • レンゲ・スプーン
  • 食紅・絵の具
  • 容器(ペットボトルカット、豆腐など)
  • 雑巾
  • タオル

<簡単手作り玩具>

★発泡スチロールに絵を描き浮かべる。窓にくっつくかもしれないね~。

★ペットボトルの底を2個繋げて浮かべます。しずむかな~。これを作った後におもったのですが、中に鈴を入れると可愛いかも。でも音が鳴るとちょっとうるさいかな(笑)

★ペットボトル噴水


<準備する物>

  • ペットボトル
  • ビニールテープ
  • ビニール袋

ペットボトルを切り取り、切った所にビニールテープを巻いておく。ビニール袋をペットボトルの口に取り付け、輪ゴムで押さえる。その上からビニールテープを巻き付けて完成。

中に水を入れて、袋を押すと噴水になるよ!水を自分で入れれたらスゴイね!

お水遊びはペットボトルにキリなどで、小さな穴を開けるだけでも立派なおもちゃになります。色々工夫して作ってみると子供達も喜んでくれるかもしれませんね。

まとめ

お水遊び用の玩具となると考えると難しいですが、子供達は身近な物であそべます。

ペットボトル、ビニール袋、ケチャップやマヨネーズの容器スプーンなど、何でも遊び道具になります。そこに少し手を加えてあげると「すご~い」と大喜びで遊んでくれると、作った方も嬉しくなってしまいますね。

子供達を手づくり簡単おもちゃで、いっぱい喜ばせてあげてくださいね。

保育園や幼稚園で使える製作!各年齢別の記事まとめはこちらです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする