新江ノ島水族館クラゲデートのすすめ!クラゲの食事と夕焼けは?

季節をとわず、天気が良くなると水族館に行きたくなる私。

もちろん雨の日でも水族館は楽しめるのですが、新江ノ島水族館は何といっても
目の前が海です。

天気が良い日は特に富士山の眺めも最高ですし、江ノ島も「ドン」と目の前に見えて
とてもワクワクした気持ちになる場所なんですよ。

今回はそんな新江ノ島水族館のクラゲの色々な魅力を知ってほしい

「クラゲめーいっぱいの面白デートのすすめ」など、どーでしょうか?

スポンサーリンク

新江ノ島水族館でクラゲでゆったりまったりデート

新江ノ島水族館は以前からクラゲの展示に力をいれており、とても色々な種類のクラゲを展示しています。

展示室はずっと奥の方なので、最初に可愛い魚たちを一通り見た後は大水槽を楽しみます。

その後、深海ゾーンを過ぎて、左に曲がったところに「クラゲファンタジーホール」がやっとあります。

まず、クラゲファンタジーホールに入ると、暗い幻想的な空間の目の前に、クラゲの球型水槽
「クラゲプラネット(海月の惑星)」が、出迎えてくれるようにあります。

その球体の水槽の周りに水がながれていて、とても幻想的でステキです。

ついつい子ども達(私もだけど)は、その水を触りたがって混雑しています。

もちろん触ってもクラゲには直接触れません。お水だけですので安心して下さいね。

クラゲファンタジーホールは、クラゲの体内をイメージさせる半ドーム式の空間になっており
その壁側にクラゲの水槽がいっぱい展示されています。

ですので、クラゲファンタジーホールの中に入るとぐるりと1週、色々な種類のクラゲが
ふわふわと浮かんでいるのが見えて、自分が水の中に浮かんでいるようなそんな気持ちになる
不思議な展示室になっています。

クラゲって白ばっかりかと思っていたのですが、青や茶色など色々な色のクラゲがいて、ビックリです。

私のお勧めのクラゲは白?透明?な水クラゲです。

クラゲのかさの部分に丸いよつばのクローバーのような模様があり、微妙に丸の形がいびつで
ハート型に見えるクラゲもいるので、ぜひぜひデートなどでクラゲをみに行った時には

ハート模様の水クラゲを探してみて下さいね。

デートで一緒に探して見つけたら、きっと話も弾みますし、盛り上がりますよ。。。

また、時間が合えば、クラゲショーもやっているので、ぜひぜひ見てみてね。

クラゲファンタジーホールには、ソファーも数多く置いてあるので、デートで疲れた足を休めて、2人でぼーっとクラゲを眺めて過ごすのもいいかもしれませんよ。

新江ノ島水族館でクラゲを見た後の食事はこれ

クラゲの展示室で、ボーっと眺めて足を休めた後に、おススメの食べ物があります。

新江ノ島水族館では、色々なクラゲメニューがあるんですよ。

ちょっとビックリな、「クラゲソフト」これには本物のクラゲをバニラソフトにトッピングしたものや

「クラゲカレー」は、辛口のビーフカレーで甘酸っぱくい肉厚のクラゲが結構ご飯の上にのっています(笑)

このカレー、結構辛口でした。

まだまだあります、「クラゲのジュース」やら、「クラゲパン」「クラゲ肉まん」
はたまた大人なあなたには、「クラゲカクテル」

笑ってしまうけど、色々あります。

基本的に、クラゲには味はあまり無いようですので、何にでも変身(トッピング)できるのでしょう。

でも、ソフトクリームにクラゲのトッピングはない!?
と、私は思うのですが・・・えのすいスゴイです!

私は新江ノ島水族館のそういう商売魂が大好きです。

その面白味を分かってくれる優しいお相手の時には、クラゲ押しな食事も面白いかもしれません。

でも、雰囲気重視のデートには、おススメしません!

笑って付き合ってくれる優しい相手の時のみです。

ですので、その点は気を付けましょうね。

スポンサーリンク

新江ノ島水族館でクラゲを見た後は夕焼けを見よう

さあ、クラゲ押しの食事を食べた後は、デッキに出て湘南の海や富士山の夕日を眺めながらクラゲカクテルや、ジュースを飲みながら、今日の出来事を話しましょう。

時間がまだ余る時には記念にクラゲのお土産などを買って、その後はゆっくりと夜景のきれいな江ノ島までお散歩もおススメです。

まとめ

新江ノ島水族館に入ったらお魚ゾーンを見学して、その後はまったりと足の疲れをとりながらクラゲファンタジーホールでのんびりとします。

この時に水クラゲのハート♡模様を探すのを忘れずに!

そしてクラゲ系の食事。

クラゲの食事など、めったに食べる機会もないと思うので、優しいお相手ならばきっと楽しく過ごせるでしょう。

普通のデートに飽きた時などに「クラゲめーいっぱい面白デート」のススメでした。

ぜひぜひ参考にしてみて下さいね。

新江ノ島水族館リピーターのまとめ記事はこちら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする