浴衣に下駄だと足が痛い!そんな時にはサンダルでもいい?


夏になると楽しみな花火大会や夏祭り!

そんな時には、素敵に浴衣を着こなしたいですね。

でも、誰もが経験するあの下駄を履いた時の足の痛さ。

ひどい時には水ぶくれが出来たり、皮がむけてしまったりという経験がみんな
ありませんか?

でも、最近では浴衣に下駄ではなく、サンダルのも人もよく見かるようになりました。

浴衣にサンダルも可愛い。

そんな、浴衣によく似合う可愛いサンダルも紹介していきます。

スポンサーリンク

浴衣には下駄?足元どうする?

彼と初めて行く花火大会や夏祭り。

「浴衣を来て普段とは違う姿を見てもらいたい!」

って思います。

彼からも浴衣を着てきて欲しいという、リクエストもあるかもしれません。

でも、そこには問題が。

浴衣の時に履く下駄って硬くって、しかも履きなれていないから歩きづらくて
足がすぐに疲れてしまう。

鼻緒の部分が足にすれてしまって、足が痛くなってしまう・・・。

私も下駄を履くたびに痛かった。

でも、浴衣の時には絶対に下駄をはきたいので、痛くなるのは我慢!
皮がむけても、バンドエイドを貼って痛みに耐えて下駄を履いていました。

ところが、最近では下駄みたいに見えるサンダルを履いている若い子もよく見かけます。

「浴衣にサンダルは合わない」

とか

「やっぱり浴衣には下駄でしょ!」

という意見も多いようですが、私は可愛いし浴衣にサンダルも有りだと思います。

足に合わない下駄を履いて我慢して歩くよりも、履きやすいサンダルを履いてスタスタと歩く方が絶対にカッコイイです。

最近は下駄に見えるようなサンダルもあるので、そういったサンダルもおススメです。

もちろん、お金や時間に余裕のある方は、自分の足に合った履きやすい下駄を買う事が一番だと思いますが・・・。

浴衣の下駄で足が痛い!となる前にやる事

下駄はだいたい浴衣とセットで買う方が多いと思いますので、実際は履かずに柄のかわいい下駄を購入している方も多いのではないでしょうか?

下駄を買ったら出掛ける前に家で一度下駄を履いてみて、鼻緒の感覚をみます。

下駄を履く時にはビーチサンダルを履くように、鼻緒の奥まで足の指を入れて履いてはいけません。

足の指を奥までグイグイ入れるように履いてしまうと、指のが痛くなってしまいますので鼻緒の手前に足を乗せる感覚で履きます。

下駄を履いた時には、かかとが1cmくらい下駄から出るくらいでいいんです。

下駄を履いた時に鼻緒が当たる場所に、足に痛みを感じるのならば少し鼻緒を引っ張ってみてください。

この時、鼻緒を引き上げすぎると、もとには戻りません。

自分の足にフィットするか確かめながら慎重に行ってください。

鼻緒を伸ばし過ぎた時は、専門のお店(草履専門店や呉服店など)に行って直してもらうのが一番ですが草履には、直せるものと直せないものがありますので、鼻緒を引く時には慎重にやってみてください。

あと、下駄や草履などの和装履物に左右はありません。

左右どっちの足でも履けるんです。

たまに左右を取り替えて履く事で片減りを防ぐ事ができるので、履物を長持ちさせてるには、左右を取り替えて履くといいですよ。

これの前処理で下駄を履いた時に痛くならなければいいのですが。

浴衣を着る本番前に少し足馴らしで、下駄を履いておくとさらに良いですね。
でも、足の指が痛くなった時の為に、バンドエイドは必ず持って行くことを忘れずに!

スポンサーリンク

浴衣の足元はサンダルでもいい?

浴衣の足元は男性や、年配の女性からしたら下駄が良い!という意見が多いでしょう。

でも私は浴衣によっては個性的な着こなしをする浴衣ならば、サンダルでもいいでしょうし、古典的な柄や、年配の方ならばやはり下駄をオススメしますが、最近では和柄の下駄に見えるようなサンダルも出ていますね。

まだ浴衣を着るまでに時間があり、下駄に不安がある方はサンダルを検討してみてもいいですね。花火大会に行くと、結構な距離を歩きますから。

このよう和柄のサンダルならば、古典的な浴衣にもピッタリですし、足の裏が当たる部分にふかふか素材が入っているので、履きやすく疲れにくいですね。

花火大会って人混みが凄くて席が取れなかったり、交通規制が入るので車で行っても結局歩く事が多いので、この下駄ならば長い時間2人でお散歩となっても、十分に対応できる歩きやすい下駄ですね。

また、洋服にも履けるから一足買ったら普段使い出来ますね。

このサンダルはペタンコでかわいい。値段もお手頃価格で1足買えば、和柄なので浴衣にも良いと思うのですが、ジーンズや海にもピッタリで女性らしい華奢な足に見えておすすめです。

まとめ

浴衣を着た時にはまだまだ下駄が良い!という意見が多いのですが、浴衣の柄や、個性、年齢
などによってはサンダルでも良いと思います。

下駄を履く前に、痛くならないような処理をして履くと少しは良いという方もいるのでは
ないでしょうか?履く前に一度試してみてくださいね。

そして、花火大会や夏祭りなど浴衣を着られる機会は少ないので、ぜひ浴衣に挑戦して夏の思い出を作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする