保育士だって夏の暑さ対策!子供と外遊びするのにオススメな服装


保育士さんの仕事は特に夏がキツイですね!

暑い夏の日に子供達と一緒に外遊びや、プール遊び!

楽しいけれど、この時期は毎日汗だくの日々ですね。

子供は正直だから「せんせーくさ~い」なんて言われたらどーしよう。

早く、夏が過ぎればいいのに・・・。そんな暑い夏の簡単な保育士の暑さ対策や、外遊びに少しでも快適になるグッズを紹介します。

スポンサーリンク

保育士の夏の暑さ対策

子供達は夏でも元気に遊びますよね。

そんな元気な子供達と一緒に遊ぶ保育士さん。

本当にお疲れ様です。

子供達の暑さ対策にお水遊びをしたり、園庭にテントを張って砂遊びをしたり、泥遊びをしたり少しでも、子供達が涼しく、そして楽しく遊べるように頑張っているんですよね。

以前私が保育士をしていた時、先輩保育士に

「胸の間に小さなタオルを挟んでおくといいわよ~」

と、聞き早速ためしたのですが、逆に暑い!

でも、汗がタオルで吸収されるので、汗をかいた後に胸の間のタオルをそっと取り換えるだけで、かなりスッキリとしますので、涼しくはないけれど、汗対策には有効だと感じました。

その他には、首に冷んやりタオルを巻いて、そのひんやりタオルの中にも保冷材を挟んでおき、保冷材入りのタオルを首に巻いて暑さ対策をしていました。

保冷材入りのタオルを巻くと確かに涼しいのですが、すぐに保冷材がとけてしまうのが悩みでした。保冷材がとけてしまうと、ただの濡れタオル。そこで、もっと涼しく過ごせるよい物がないか探してみましょう。

夏の暑さ対策外遊び時の必需品

保育士さん達は外にいる時間が長いので、日焼け対策は欠かせませんね。まず帽子を持って来ない保育士はいない。それくらい必需品です。

帽子

子供と一緒に手を繋いで歩いたり、ベビーカートを両手で押している時に強風などで帽子が飛ばないように、保育士の仕事上に首の紐があると嬉しい。そしてこの帽子は、つばにワイヤーが入っているので、自由に形も変えられて便利なうえ、折りたためるからコンパックトに収納できるから良いですね。そして嬉しいUVケア商品。カラーもいっぱいあるから選べていいです。

冷感アームカバー

赤ちゃんのクラス担任になると、抱っこおんぶは当たり前。赤ちゃんを抱っこする腕に、ベッタリと日焼け止めを塗っていると匂いや、ベタベタが赤ちゃんにつかないかなど気になってしまいます。日焼け止めを塗る事に少し抵抗がありませんか?でも、日焼け止めを塗らないと、腕には時計のあとまで日焼けでくっきり!秋に大変な事になってしまう・・・。

そんな事にならないようにアームカバーは必要です。でも、アームカバーって、腕につけると暑いから嫌。でもこのアームカバーならば、体感温度も下がっていいです。しかも2枚入り。安いので試しに購入してみて、友達と1枚づつ分けてもいいかもしれません。

UVカットパーカー

薄手のニット生地なのにUVカット。着た瞬間ヒンヤリ~。そして汗や湿気を素早く吸収、発散させる吸水速乾の効果があるので、心地よい着心地が保たれます。これを外に遊びに出る時にササットきれば、腕に日焼け止めをぬらなくてもいいのでは?また、このパーカー普段使いできる可愛さですので、仕事用だけではなく普段にも着てくださ~い!

冷感タオル

保育士ならばもう持っている?タオルを濡らして首にかけるだけど、ヒンヤリします。このひんやりタオルは、ほかのヒンヤリタオルとは素材が違う!?そして、このタオルは洗濯機で洗えるので清潔に使えます。ひんやりタオルは何枚あってもいいですね。

足の角質ケア  

なぜ、急に足の角質ケア(笑)

赤ちゃんのクラスの担任になると、上履きは履かずにいつも靴下です。靴下で仕事をしていると、食後には子供達のお茶や食事の食べこぼしを踏んでしまい、自分の靴下はいつもビッショリに濡れてしまう。そんな時、素足が汚くて靴下を脱ぐのをためらってしまう事ありませんか?汚い足よさようなら~。

保育士はマニキュアは出来ないので、せめて綺麗な足にペディキュアをして楽しみましょう!

保育士の夏の服装やエプロン

保育士の夏の服装は、薄手のズボン又はジャージ、Tシャツ+エプロンが多いと思います。

非常に汗をかくので、濃い色のTシャツや、パンツ(ズボン)を履くと、汗じみが出てしまい恥ずかしい。

一度、私は仕事にカーキ色の薄手のパンツを履いて行ってしまった時に汗がひどく、まるでおもらししたの!?みたいに太ももに大量に汗をかいてしまって、ひたすらエプロンで隠して仕事をした思い出があります(笑)

汗はかくものだから仕方がない。それでも、出来るだけ涼しい素材の洋服や、夏用の涼しい素材のエプロンを付ければ少しは楽かもしれません。

エプロン

夏用限定ではないのですが、ポリエステル65%綿35%と、素材も乾きやすく、しわになりにくいので、オススメです。もちろんおしりまで隠れる丈で、少しでも涼しいようにショート丈になっています。

まとめ

夏の保育士さん達の仕事は体力勝負ですね。暑い夏を子供達と一緒に乗り切れるように、少しでも涼しく過ごせるよう、自分の服装も考えて暑い夏を乗りきりましょう!

保育士さん達、頑張ってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする