さつま芋の保存方法少しでも長持ちさせたい冷凍やおやつの紹介も!


子供が楽しみにしていた幼稚園の親子芋ほり遠足!

畑に入り土を掘るとでてくる、でてくる。子供の顔くらいの大きさのお芋達が!

いっぱいお芋が採れて大喜びの子供達。

さて、この沢山のさつまいも達の保存はど~したらいいのかな?

子供が一生懸命に掘ったさつまいも、絶対に腐らせたくない!

全部美味しく食べてあげたい。

少しでも腐らないように保存をして、さつまいもを長持ちさせる方法や冷凍方法、そしてさつまいもを使った料理やおやつなどを紹介します。

スポンサーリンク

さつまいもの保存方法長持ちさせたい!

子供と一緒に行ったいも掘り遠足!

子供もすごく楽しそうにお芋ほりをしていたのですが、何よりも私の方が楽しかったお芋ほり。

「掘ると、どんどん出て来る~」

お芋ほりは、私も子供の時にやったきりで久しぶりで、物凄く楽しかった!

畑がないとできないですね。

これも農家の方がきちんと管理してくれていたからですね。感謝です。

そして、両手いっぱいのお芋たち。

自分の顔より大きいお芋を持ち上げて、喜んでいた子供の顔を思い浮かべると、1本も無駄にしたくない!少しでも長持ちさせて全部食べてあげましょう!

食べきれない程頂いたさつま芋たちの長持ち保存方法はこちら

  1. さつまいもは土をはらって少し外で乾燥させましょう。湿り気感がなくなればいいので、だいたい1日くらい置いておきます。
  2. ふたのできる段ボールを用意してその中にバスタオルとか布を敷きます。あとで包み込むようにするので大き目ものを用意します。
  3. 新聞紙を下に敷き、さつまいもは一つずつ新聞紙でくるんで入れます。
  4. またさつまいもの上に新聞紙をかけて、最初に下に敷いていたバスタオルで包むようにして最後に段ボール箱のふたをしめます。これで終わり。

さつまいもは、保存しておくことでさつまいものデンプンが糖に変わり甘味が増すといわれていて、掘りたてよりも、2週間ほど保存してから食べた方良いでしょう。

さつまいもの量が少なくて短期間で食べるのであれば、新聞紙につつんで暖かい場所においくだけで大丈夫です。

さつまいもの入った段ボール箱は、冷蔵庫の上に置いておくと暖かいので春先くらいまで長持ちします。冷蔵庫の上が無理な場合には、なるべく暖かい所に置いてあげてくださいね。

さつまいもをすでに洗ってしまった!という方は

ざるに乗せて数日風通しの良い所に置いておきましょう。その後は一緒で新聞紙にくるんで常温保存になります。

★さつまいもは寒いところが苦手ですので、冷蔵庫に入れるのはやめましょう。また、ビニール袋に入れておくとカビが生える恐れがありますのでこれもやめましょう。

さつまいもの保存冷凍は出来る?

ジャガイモは、冷凍するとスカスカして美味しくなくなってしまいますが、さつまいもは冷凍できるのでしょうか?

意外ですが生のままでも冷凍できるんです。

生のさつまいもの冷凍方法

  1. 使いやすい大きさに切って、さつまいもを水にさらしてあく抜きをします。
  2. 水気をよく拭きとります。
  3. そのまま冷凍保存。

冷凍したさつまいもは凍ったまま煮物に入れたり、お味噌汁に入れたりして調理できるのでとても便利です。また、さつまいもは切らなくても冷凍できるのですが、凍ったまま調理するので使用に応じて色々な切り方をして冷凍しておくと良いでしょう。

さつまいもを焼き芋にしたいときには、切らずに冷凍して凍ったままオーブンや、レンジで焼くといいですよ。

でも、一般的にさつまいもは一度火を通して加工してから保存する事が多いと思います。その方が解凍するだけですぐに使えるので、すぐに食べたい忙しい方や、赤ちゃんがいて離乳食にさつまいもを使いたい、などの家庭では加熱してから冷凍した方が使いやすいでしょう。

スポンサーリンク

さつまいもでおやつを作って保存しよう

さつまいもに大きな傷のある物や、サイズが小さいものは長く保存しにくいのでなるべく早めに食べるか、冷凍するか、お菓子や料理に使うなどして早めに消費していきます。

私も子供も大好きな、さつまいもを使った料理やおやつのオススメを紹介します。

  • さつまいもの甘煮
  • 肉じゃが
  • さつまいものサラダ
  • きんぴら
  • さつまいもごはん
  • スウィートポテト
  • チップス
  • 大学芋

さつまいもの甘煮・・・輪切りにしたさつまいもを、お水、砂糖としょう油で煮ます。しょう油を入れず砂糖のみでも美味しい。ミルクと砂糖だとミルク煮になります。お弁当のおかずにピッタリです。

肉じゃが?肉さつま?・・・ジャガイモの代わりにさつまいもで肉じゃが。さつま芋が甘くて美味しいので子供も大好きです。

さつまいものサラダ・・・小さい角切りにして、レーズン、マヨネーズ、塩少々であえる。角切りではなく、つぶしてペースト状にしてもいいですね。レーズンの他にも好みの物を入れて混ぜてみて。

きんぴら・・・細くカットして炒めてしょう油と砂糖で味付け。しょう油を入れないとおやつな感じになって、それも美味しいです。

さつまいもごはん・・・小さい角切りのさつまいも、塩少々、お酒少々入れて炊飯器へGO。

スウィートポテト・・・さつまいもを茹でてつぶしてペースト状にして牛乳少々、砂糖を入れて固めます。形はお芋型でも、ハート型でも、星型でもかわいい。表面に卵黄を塗って焼き色をつければ出来上がり!可愛い形のおやつにすると子供は喜びますね。

チップス・・・スライサーで薄切りにして素揚げ。ポテトチップスのさつまいもバージョン。おやつにぴったり。でもついつい食べ過ぎてしまう。

大学芋・・・大きめにカットして素揚げ。はちみつ、砂糖、水、しょう油を一度煮立たせて蜜を作り、素揚げしたさつまいもと蜜を絡めて黒ごまをふったら出来上がり。

だいたいは、ジャガイモ料理をさつまいもに変更してみると意外と何でも合うみたい。カレーやコロッケにしても美味しいですよ!

まとめ

お芋ほりで取って来たさつまいもは洗わずに乾燥させます。さつまいもについている土は丁寧に落としてから、1つずつ新聞紙で包んで保存します。寒さに弱いのでなるべく暖かい場所で保存すると春先まで長期保存できるでしょう。

傷のあるさつま芋や小さい芋は長期保存に向かないので、おやつなどにして早めに消費するようにして、食べきれない時には冷凍を上手に利用するといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする